スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新しい公共」の乖離




「新しい公共」についてのシンポジウムを見てきました。
公労協、あしなが育英会、大学教授などが参加し、熱意が伝わってくる素晴らしいシンポジウムでした。

「新しい公共」とは、かつて国に委ねられてきた公共サービスの担い手を社会の自律の下に
取り戻し、その中で政府・民間・企業が三位一体となってよりよいものにしていくという理想
にもとづいています。

しかしながら、私はその中で違和感が拭えませんでした。
というのも、実践論レベルでは所詮「経費節減」こそが市場目的となっているー
すなわち、「正統性=legitimacyの確保」などというべき論レベルでの理念と、
「功利主義」としての理念がごった煮にされている印象です。

これはどのような結果を招くでしょう。仮に公共政策の賛同者
① 功利主義的賛同者
② べき論レベルの賛同者
がいたとします。となると、公共政策の中で単純な経費節減政策はみな賛同しますが、
もし公共性の条件としての社会権の保障拡大政策を考案したときに、①は絶対に賛成しないでしょう。
つまり、このような状態の下では必然的にネオリベラリズムの擁護者、社会自由主義として
「新しい公共」は機能すると考えられます。

純粋な賛同者の方は「新しい公共は担い手の拡大であって、あくまでネオリベラリズム政策とは違う」と語ります・「そのためには監視、議論が必要なのだ」とも仰られました。
しかし、良き理念に良き結果が伴うわけではないのは、古典的自由主義者バーナード・マンデヴィルが「私利私欲に良き結果」が出ることがあると述べた通りなのです。

デヴィッド・ハーヴェイが『新自由主義』で述べた通りであり、理念段階と実践段階は分けて考えねばなりません。
私は、「新しい公共」などという崇高なものは民衆の手に委ねればいいと思っています。
そうでなければ、貴重な「公共」という宝石は政府の汚れた手に触れた瞬間砕け散るでしょう。

社会科学とは



かつて。共産主義という怪物がいました。
すべての政治体制が普遍法則の下共産主義世界に統合される。
そう信じ込んでいました。

それはなぜ誤ったのか。
それは社会科学が本質的に「経験の普遍化」であることに拠ります。
白鳥を見て「白鳥は白い」とするのが社会科学なのです。
これを細菌指摘したのは『ブラック・スワン』のナシーム・ニコラス・タレブですが、
最初に指摘したのはハイエクです。社会科学は本質的に帰納法なのです。

私は、社会科学というのは科学というよりむしろ芸術に似ているとおもいます。
社会の遭遇した体験から普遍性を見出し、鮮やかにえぐりだす。しかしそれは追試の利くものではない。
それはむしろ、美しき絵画にこそ比類するものでしょう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

HT-SS380買った

アルバイトの臨時収入が入ったので、デジモノ用に予算を2万程度確保しようと考えました。
ここで、32inch液晶テレビとホームシアターが候補となり、ホームシアターが買われることとなりました。
ホームシアターの中で候補になったのは、次の機種

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

『文明の生態史観』:


サークルでこの本を輪読本として扱った。
この本は1950年代に出版された、『文明の生態史観』である。
筆者のアジア紀行のエッセイを基に、「東洋」「西洋」の二分法的な分け方に疑義を呈し、「中洋」という概念を見出し、最終的には「文明の生態史観」という論文を構築するに到るまでの過程となる論文を収録している。
当時のマルクス的進歩主義に独占された学会にはあまり受け入れられなかったが、今も尚本書の輝きは色褪せない。

日本はなぜ自国だけ近代化できたか?なぜ中国、ロシアは民主主義化しないのか?等々、数々の疑問に
梅棹は答えを提示している。
そのキーとなる存在が「中洋」であり、遊牧民族の存在なのだ。

古くはスキタイ、匈奴からティムール帝国、女真族に至るまで遊牧民族は農耕民族の暮らしを脅かしてきた。
また、大陸農耕民族は過酷な環境の出身であり、それを乗り越えるための集権化を必要とした。
一方、西欧や日本はその危険から自由であった、というのが梅棹の論であり、そこから議論が展開される。
非常に面白いので、是非一度。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

三浦150勝


横浜スタジアムに友人と巨人横浜戦を見に行きました。巨人の先発は内海、横浜は三浦。

カメラは流石に大きいものを持っていく気にもならなかったので愛用のacroHDたんで挑みました。
しかし、試合は結局敗戦。横浜三浦の150勝を目撃してしまうという結果になりました。


ガラッガラの巨人側スタンドwwww
横浜側ファンの熱気が伝わりました。



最後に挨拶回りをする三浦選手。
しかし野球はたのしいですね。
次回は是非巨人に勝って欲しいですが。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

xporter モバイルチャージャー:BJ-XP1レビュー

xperiaに買い換えてから悩まされているのが、充電のこと。特にacroHDにしてからはバッテリー容量が伸びたからか、さらに充電に時間がかかるようになりました。
なので、乾電池式の充電器を買いました。


スマートフォン用の充電池を買わずに乾電池式に留めた理由としては、
1 そもそも毎回律儀に充電池を充電するほどしっかりしてればスマホの電源も切らさない。その点乾電池はどこでも買える。
2 いざとなればeneloopも使用可能
という点からですね。1280円@ヤマダ電機秋葉原でした。

肝心の使い勝手ですが、極めて楽ですし充電も早いです。PC経由で給電させるより早いと思います。
気軽に買えますし、乾電池があればという点でスマホの電源が切れるというリスクがなくなるのでオススメな商品ですね。
XPERIAの電池がもうちょっとマシならという話ではあるんですが。
最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。