スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守の本懐

保守を掲げる政治家は多いです。安倍自民党総裁、石原前都知事、平沼赳夫太陽の党共同代表・・・etc
しかし、彼らは保守の意義を何としているのかは気になります。

そもそも、保守主義とはエドマンド・バークをその祖とし、英国を発祥とするものです。
バークはフランス主義の惨禍を目の当たりにし、「フランス革命に関する省察」という大著を
著しました。
彼は理性の強さを過信して「理性の祭典」などを開いていたフランスのジャコバン派政権を批判し、
「偏見」の重要性など、旧来の慣習を重んじる保守主義の主張を打ち出しました。

まさに保守の本懐とはここにあります。一見不合理に見えるものにも従う姿勢こそが、
保守には求められます。
保守を標榜する政治家が、盛んに改革を連呼するなど本来あってはなりません。
保守とは、決して対外硬派であることを示す立場ではないのです。
保守を標榜する政治家を見る際は、この観点こそが大切になるでしょう。妄りに合理性を信奉していないか。
改革を連呼していないか。これが大事です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【保守の本懐】

保守を掲げる政治家は多いです。安倍自民党総裁、石原前都知事、平沼赳夫太陽の党共同代表・・・etcしかし

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。