スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー年金入門

閑話休題。

Q1年金は大丈夫か
全く大丈夫ではない。2004年の年金改革で大胆な改革に打って出たが、抜本的ではなく
給付カットと負担増でお茶を濁した。
結果として2009年の財政再試算で2016年以降の年金利率を4.1%という高利にして見た目を繕った。
(現状1.8%、主に運用する長期債利率が1。5%)
鈴木亘氏、盛山氏(『我々は年金をもらえるのか』『年金問題の正しい考え方』)はともに2030~40年代に
年金財政は事実上破綻すると予測する。
Q2 年金は支払うべきではないのか
率直に言って支払うべき。財産権の関係上支払って損をすることは有り得ないし、国民年金は
障害年金と生命保険がついているお得なものです。破綻するけどねw
Q3マクロ経済スライド?有限均衡方式?
年金の用語は、基本的には厚生労働省が国民の年金に対する理解を妨げるために作られています。
マクロ経済スライド=給付カット、有限均衡方式=積立使い果たし方式
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スーパー年金入門】

閑話休題。Q1年金は大丈夫か全く大丈夫ではない。2004年の年金改革で大胆な改革に打って出たが、抜本的ではなく給付カットと負担増でお茶を濁した。結果として2009年の財政再試算で2016年以降の年金利率を4.1%という高利にして見た目を繕った。(現状1.8%、主に運用する...

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。