FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウェブ進化論』を今読むと面白い



これは2006年にでた本ですが、友人に借りて読むことができました。

なぜ面白いかというと、ネットの進化の速さを示しているからです。
この本が出版された2006年というのは、Googleが圧倒的勢いを持っていた時代です。
Web2.0が叫ばれ、翌年にはdocomoがこれにひっかけてdocomo2.0をぶちあげました(笑

その時代の書籍と今を比べると、好対照ではないかと思います。
まず、著者がキーワードとして「不特定多数無限大」や「人間の関与をなくす」ということを挙げていました。
Googleの自動化戦略を指しています。

今現在はどうでしょう?現在のWebの代表例として、「Twitter」と「Facebook」に関して探してみました。
Twitterの便利さは人間のすごさにある

最初は、Twitterの何がどう楽しいのか、どこも解説していないし、使い方もよくわからなかったが、その有用さや楽しさがやっと少しだけわかった。人間はまだまだコンピュータよりすごい、ということだな。


「Facebook私見論(大袈裟)」

なおFacebookのポリシーとしては、
『面識もあり、深い知り合いと繋がる事が望ましい』
つまり既存の人間関係をより深くするためのツール。



つまりです。

人(Web1.0)→コンピュータ(Web2.0)→人(Web3.0)
パソ通     Google         FB、Twitter


という具合に、循環しているように思えるんです。
面白くありませんか?
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。