FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入試‐単語帳についての検討

受験英語の基本と言えば、単語帳です。
どの単語帳を選択するかについては、相当分かれる。
なので、どのような人がどのような単語帳を選ぶかについて考えてみたい。













大体、現在はこれらの単語帳の五強時代だと思います。
まず、収録語数から見ていきましょう。
①システム英単語 2100語程度
②速読英単語 1900語程度
③DUO3.0 1600単語+1000熟語
④ターゲット1900 1900語
⑤単語王 2200語
まず、これで単語王とシス単の優位性が目につきます。事実、単語の網羅性は
この2つが非常に高い。
では、なぜ他の単語帳も選ばれているのでしょう。
やはり、ここには「単語帳」としての選ばれる理由の違いが隠されているからだと思います。
そこで、いくつかのタイプに分類して選ばれる理由を見てみようかと思います。

① 目指せ一挙両得型
Duo、速単がこれに当てはまります。
Duoは一文一文に複数の単熟語をちりばめた例文集で覚えさせるスタイルを採用しており、
リスニングCDでさらに効率が上がります。これで、リスニング力・英作文力・語彙力が同時に身につきます。
たとえば、

We must respect the will of individual.


で、will、respectなどの単語を習得できます。
これは、単語力の向上と同時に他の力まで伸びます。

速読英単語では、長文に単語を散りばめることで読解力の向上も図ることができます。
リスニングCDでリスニング力もアップ!

② 単語集中型
システム英単語、単語王、ターゲットが当てはまります。
単語をガツガツ覚えていくスタイル。語彙力しか上がらない一方確実に覚えていくことができます。

①と②を比較すると、①はリスニング、英作文が良く出題される難関国公立大で、
②は語彙力が問われる難関私立大で向いていると言えます。
なんかの参考になれば幸いです。
ちなみに、①と②を組み合わせるのは全然ありだと思いますね。

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。