スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイエンドではない、しかし・・・-EX-Z450:レビュー

EX-Z450を一ヶ月弱使用してきて、その感想をまとめて書きたいと思います。
所有機であるIXYとの比較も交えて・・・。


このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)


みんぽす




1 本体
DSC_0064.jpg
DSC_0065_20091030233840.jpg
本体ですが、液晶が大きいのが実にいいところです。
直射日光でも十分見えます。
安っぽいということもなく、高級感は十分。IXYと比べると、金属感を強調した作りですけど。
DSC_0067.jpg
動画に専用ボタンというのが重宝しました。
DSC_0074.jpg
ちなみに、Z450とZ400では本体上部の金属部分がスモークがかったようになっており
指紋がつきにくくなってます。
2 画質
CIMG0502
CIMG0502 posted by (C)sonyfun
IMG_0496
IMG_0496 posted by (C)sonyfun
標準モード同士
CIMG0503
CIMG0503 posted by (C)sonyfun
IMG_0498
IMG_0498 posted by (C)sonyfun

風景メイクアップvs新緑・紅葉モード
CIMG0504
CIMG0504 posted by (C)sonyfun
IMG_0499
IMG_0499 posted by (C)sonyfun
うーむ、本当に大差ありませんね。
細かい高感度画質を詰めていけば違うのかもしれません、
かなりこの2機種の方針の差を感じましたし。
Z450は塗りつぶしでもなんでもして見れる画質に、
920はザラザラ画質も辞さずでした。

3 使い勝手
科学部での使い勝手を中心に行きましょう。
Z450の美点は、誰にでも渡せることです。
マクロモードを設定せずにピントが近くにも合うので、
さがしてフォーカスもあいまって、非常にいい使い勝手です。
「じゃ、これでシャッター押せばいいから」で通ります。

920ISはこの点、いちいちマクロモードを教えなくてはいけませんし、
ISOもHi-Autoに設定しないとぶれ写真量産という結果になります。

一方、自分で使うときはどうでしょう。
Z450は、本当にマクロが弱いんです。
CIMG0505.jpg
IMG_0500.jpg
最短距離でこんな差があるわけです。
そのおかげで、しっかり設定すればいい920ISのほうを使ってしまったりします。

4 その他機能
絵を「創造」し、ユーザーに「貢献」する-EX-Z450:セミナーレビュー①
美しい≠高画質【EX-Z450セミナーレビュー:?】

カメラ三つ寄れば・・・-EX-Z450セミナーレビュー③
その他、機能に関してはこれらの記事を参照ください。

いや、本当にいいカメラです。少なくとも、友達の間で遊ぶには。
メイクアップは女性には受けがいいし、男とは遊ぶのに使えます。
ダイナミックフォトも仲間内で遊ぶにはいいものですよ、本当に。
そして誰に渡してもそこそこの画質で撮れる。

あとはマクロだけは改善してほしいところですね。


このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局



このレビューを評価していただける方はこちら
スポンサーサイト

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。