スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者に希望を。リビングにHDを。- ロジテック:LHD-ENU2シリーズ:レビュー①

さて、今日はロジテックのセミナーに参加してきました。
DSC_0458.jpg
DSC_0250.jpg


このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。(詳細は末尾で)



1TBHDDに関するセミナーです。
DSC_0461_20090830020446.jpg
DSC_0249_20090830020607.jpg
ちなみに、ロジテックという会社についてはこの通りです。
LogitechとLogitecは違うんですね。
周辺機器メーカーとしては結構意欲的に頑張っている会社ですし、
私もマウスはロジテックです。キーボードは、Hなほうのロジテックでしたが(笑

皆さん、外付けHDD、またはHDDに対する印象とは何でしょうか?
ネガティブなイメージで行くと
・熱そう
・煩い
・デザインが悪い
・でかい
というようなイメージだと思います。

しかしながら、HDDには
・安価で大容量
というメリットがあるということも、当然印象としてあると思います。

さらに加えて、外付けHDDを取り巻く環境は大きく変化。
「PC」ということでPCの周辺にのみ生息していた外付けHDDは、
REGZAなどの出現でリビングにも出現することが可能になりました。
また、PCもノートPC、リビングPC、ネットブックの普及でさらにリビングに近づきました。

しかし、リビングでは数十万の機器もごろごろしています。
そこで、現在のHDDのデザインはどうか?更に言えば、ファンがほとんどない機器が多いリビングで
HDDのうるささは目立たないか?
DSC_0253.jpg
DSC_0254.jpg
そこでこのLogitecのHDDは、このHDDの欠点を取り除き、
リビングに安心して送り込むために造られた機種です。
DSC_0256.jpg
ただし、完成までの道のりは大変だったそうです。
何しろ、この製品の帯はマスとなっている部分で、各社コストダウンの限りを尽くし
最も競争力のある商品をぶつけてきます。
Logitecは、この製品の「コンセプト」で勝負を仕掛けます。
DSC_0257.jpg
リビングで生息しうるHDDの条件としてこれらが目指されました。
DSC_0258.jpg
DSC_0263.jpg
DSC_0262.jpg
DSC_0261.jpg
DSC_0260.jpg
これらの努力により、Logitecは今回の製品の発売に漕ぎ着けたわけです。
実際、競合製品より全然軽いですし、デザインもよい。
リビングにおいても、全く違和感がありません。
指紋がつくのは残念ですが、スタンドアロン前提であればこれは高級感あるデザインとして
受け止められます。
特に、縦横両対応なのは、AV機器では横が主流であることに対する答えでしょう。


その後、スライドではなく実際に目でHDDの違いを確認できましたが、
これはまた次回行きましょう。まとめも次回で。
それではおやすみなさい。

このレビューを評価していただける方はこちら





このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたセミナーに参加して書かれています。本セミナーへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)本セミナーに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillViii株式会社みんぽす運営事務局)



みんぽす


スポンサーサイト

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。