スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、今920ISなのか【Canon IXY-D 920IS;インプレレビュー】

DSC_0357.jpg
購入しちゃいました。920IS。

これまでの私のコンデジ遍歴の中で、初の沈胴式デジカメ!
(KONICA MINOLTA DIMAGE X1→SONY DSC-T20→Canon IXY 920IS)
私は、基本「面白い」デジカメが好きで、屈曲光学式の機種を好んで使っていたんですが・・・
正直、IXYを買ったのを一番信じられないのは自分自身です(笑

最初は、Tシリーズの後継を考えてたんですがタッチが嫌で防水を検討し、
防水はレンズが剥き出しなのが嫌で候補が無かったんですよね。
そこで店員さんに薦められたのはCanon 210IS。
一瞬で惚れました。そつなくまとめられたデザイン、そして強力な機能、それを18.4mmに詰め込んでいます。

購入を決意し、店頭を眺めると・・・
なんと、そこには16800円という激安なIXY920ISが!
IXY210ISは20800円。
(210IS+3inch、広角-小型、HD動画+3000円=IXY920IS)
という数式を導き、考えること20分あまり・・・
帰りの自転車には920ISが(笑

で、なぜIXY920ISなのか。

まず、920ISと520IS、210ISを比較したときに、バッテリーのもちが格段に違います。
(920IS 300枚台、510IS、210IS 200枚程度)
しかも、ボタンが削減されています。
そして、液晶も3inchで920ISの方が大きい。

一方、920ISはHD動画が使えず、サイズがやや大きめ(520IS 145g:155g)
こだわりオート機能はありません。

これらの点を加味し、16800円という価格なら十分アドバンテージがあると考えこれにしました。

では、開梱レビューに移ります。
DSC_0369.jpg
なんと、添付ソフトウェアに、MAC版もありますよ!(Macユーザー諸兄へ)
DSC_0361.jpg
(広角ズームレンズ4x。W170の5xよりはよくないが。)
DSC_0363.jpg
表面の仕上げが上品で頬擦りしたくなるくらいのゴールド。
こういうゴールドは非常にかっこいいし映える。
DSC_0366.jpg
DSC_0372.jpg
ワイ端。
DSC_0373.jpg
テレ端。

ともかく、18日にガンダムを撮って性能をチェックします!

このレビューを評価していただける方はこちら




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。