スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒Season7第十二話「逃亡者」:感想

今日も「相棒」見ました。

久しぶりに本格社会派でしたね、今回の相棒。
小野田を今日は良く見た気がします。
トリオ・ザ・捜一も良く描かれていて皮肉にも亀山がいなくなったおかげで
ストーリーに深みを増している感があるのがなんとも・・・

一方で右京さんに全てをやらせようとしているせいで亀山の人情味まで取り込んだ
スーパーキャラクターになりつつあるのが気がかりです。
バランスを崩しているというか。

さて、ストーリーですが今日は事件をどんでん返ししすぎていまいち、って感じでした。
これまでのどんでん返しの成功に倣いすぎて失敗しているのか?
どんどん矛先を右京さん自ら変えるよう捜一に訴えかけているのが・・・。

普通におもしろかったですけどもっと上手くまとめてほしかったというか
結局それかよというかですね。
スポンサーサイト

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。