スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒SEASON7EP5「顔のない女神」:感想

・・・最近デジモノ関連の記事がかけません。
プライベートでデジモノを購入する機会が少ないですし、プライベートが少し忙しくなりつつある
というのもあります。
ま、そうはいっても学生なので人並み程度ですが^^:
TypeT(ソニー)のセミナーにも参加しますし。

で、今日も相棒を視聴。
二重のトリックを挟むところが流石の相棒クオリティ。

さりげない課長のリハーサルまでトリック破りに使われるとは、
こういうムダの無さが推理ドラマとしての必須条件なんでしょうね。
ストッキングを首に巻くという奇策には少し笑いました(笑)



しかしこんなところから亀山が卒業するなんて考えられないなあ・・・。
あの二人で無くなったら「相棒」は「相棒」ではないではないですか。
殉死だけはやめて欲しいなあ・・・。

次は将棋の話だそうで、将棋は昔取った杵柄なので非常に楽しみ。
是非右京さんと一局、だなんて冗談ですが^^;

関連記事
相棒第三話「沈黙のカナリア」:感想
相棒Season7第二話「還流~悪意の不在」:感想
相棒 Season7 EP1「還流~密室の昏迷」感想
相棒第四話「隣室の女」:感想
スポンサーサイト

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。