スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO 新型typeR

デスクトップ型PC ソニー、開発打ち切り 一体型に完全シフト
ソニーが新型秋冬モデルを発表し、唯一セパレート式デスクトップの「typeR master」を
液晶一体型の「typeR」にモデルチェンジしたときは、多少「VAIO最高峰に、追随を許さぬ性能を
載せずしてどうするのか」とか、「9600M GT、ではグラフィックが弱いのでは?」とか思いつつも、
20万超のハイエンドモデルに縁が無い私にしたら、typeJが家族用にどうか、というぐらいだった
今回のモデルチェンジ。

しかし、

 ソニーは、パソコンの基本形といえる本体とモニター、キーボードの3点セットで構成する「デスクトップ型」の商品開発を打ち切り、モニター部分に本体を組み込んだ「一体型」に切り替える。パソコンは省スペース性などからノート型に需要がシフト。海外勢の低価格デスクトップ型攻勢も激化しており、ソニーは一体型で独自色を打ち出して販売拡大を図る。

 ソニーのパソコン「VAIO」で、3点セットのデスクトップ型は高性能機「タイプR」の1機種だけだが、20日に発売する新モデルは本体がモニターの背面部に一体化された。今後も「本体が別にある典型的なデスクトップ型は作らない」(パソコン事業幹部)という。


うーん、どうなんでしょう?
たしかに今回のtypeRは、性能も一体型としてはかなり高いものです。
単純なグラフィック性能ではどうしても自作PCに勝てないので、
勝てるAV方面、一体型に突っ走るのはある意味仕方の無いことです。
しかし、VGAがノートPC向けのものだったりと、これまで性能で最先端を走ってきたtypeRなら是非、拡張性の高いセパレートで
勝負して欲しかったな、と。
いや、むしろ一体型でいいからPCI-E x16を搭載してハイエンドVGAを載せられる、とか
だったら面白いかもしれませんが。

ま、どんな仕様になっても買えないんですがね。^^:
個人的には「typeJ」ぐらいしか射程には入ってきません。
それに、今だったら先立つものががあってもブルーレイレコーダーに流れちゃいますしね。

(注記:当初GPUが9300MGTだと勘違いしていました。コメントくれた方に感謝します。)
スポンサーサイト

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

GPUは9600MGTですよ

あ、本当ですね。

指摘ありがとうございます。
訂正しました!

oya

なんと、VAIOが一体型に
完全に移行ですか。
私の父が最近買ったばかりの
typeRがどうやら最後の
一体型ではないディスクトップに
なりそうですね。

正直私はモニターとパソコンが
分離されていないというのは
あまりいい気分がしないのですが・・・・。
複雑です。

拙ブログにお越し頂いてありがとうございます。
最新記事でまた私のモニターを
写真だけですがしょうかいしています。
よかったらまたお越しください。

コメントありがとうございます!

そうですね。一部では今回のモデルを、
「typeL Master」など揶揄する人もいるようですし。
私も今回のモデルチェンジを残念だと思います。

ブログの方も今後とも、ちょくちょく訪ねていきたいな、と。
最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。