スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷却を止めるな-ロジテック LHD-EN1000U2:レビュー②

前の記事で書いたとおり、今度はHDDの違いを目で確かめましょう。


このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。(詳細は末尾で)



DSC_0269_20090830205652.jpg
これらの外付けHDDは、全て同じHDD(中身)を用いています。
素材は全く同じということです。
これらを、4時間程度にわたって連続運転させていたそうです。
DSC_0272.jpg
そして、温度変化が上のグラフ。
今回のHDD、横置きが水色で縦置きが青色です。
横置きのほうが熱がこもりやすいのはそうですが、
注目すべきは途中の温度が落ちている部分。
ここで、抜き差しのためいったん電源を落としているようです。
そこでの落ち具合でどれだけこのHDDのエアフローがいいかが良くわかります。
実際、他のHDDに比べて圧倒的に温度の下降が早いです。
このような温度の差が、結局寿命の差になってくるんですよね~。
ある意味HDDというのはすごい危ない(常にディスクが回る)ので、とてもデリケートですし。

では、何故このような差が生まれたのか?小型ならばエアフローが悪化して
熱が篭るのでは?

その発想自体が間違っていたのですね。
掃除するときを思い浮かべてください。
大きく窓を開け放つより小さく窓を開ける、このほうがかえって空気の流れが生まれる、
ということはありませんか?
そう、それを利用したんです。
いやはや、こうやって小型化と低発熱を同時に成し遂げるとはさすがです。

DSC_0280.jpg
さらに、前モデルと重ねての比較も行われました。
大幅な小型化と、デザインの改良され具合がわかります。
とにかく穴が無いので、美しい!

DSC_0265.jpg
さらにこの映像をご覧下さい。
HDDの鏡面が反射していますが、これがすごく鏡のようになっています。
これは、通常はもっと汚く反射するようで、「磨いた」ことによってここまで美しくなったそうです。


いや、ここまでのセミナーでこの製品の裏側にこのようなストーリーがあったとは。
セミナーってやっぱり製品の裏側にある「ストーリー」を知れるから面白い。
次回からはこのような素晴らしいストーリーの結晶である商品の出来をチェックしていきます。



このレビューを評価していただける方はこちら

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたセミナーに参加して書かれています。本セミナーへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)本セミナーに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillViii株式会社みんぽす運営事務局)



みんぽす



スポンサーサイト

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

若者に希望を。リビングにHDを。- ロジテック:LHD-ENU2シリーズ:レビュー①

さて、今日はロジテックのセミナーに参加してきました。
DSC_0458.jpg
DSC_0250.jpg


このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。(詳細は末尾で)



1TBHDDに関するセミナーです。
DSC_0461_20090830020446.jpg
DSC_0249_20090830020607.jpg
ちなみに、ロジテックという会社についてはこの通りです。
LogitechとLogitecは違うんですね。
周辺機器メーカーとしては結構意欲的に頑張っている会社ですし、
私もマウスはロジテックです。キーボードは、Hなほうのロジテックでしたが(笑

皆さん、外付けHDD、またはHDDに対する印象とは何でしょうか?
ネガティブなイメージで行くと
・熱そう
・煩い
・デザインが悪い
・でかい
というようなイメージだと思います。

しかしながら、HDDには
・安価で大容量
というメリットがあるということも、当然印象としてあると思います。

さらに加えて、外付けHDDを取り巻く環境は大きく変化。
「PC」ということでPCの周辺にのみ生息していた外付けHDDは、
REGZAなどの出現でリビングにも出現することが可能になりました。
また、PCもノートPC、リビングPC、ネットブックの普及でさらにリビングに近づきました。

しかし、リビングでは数十万の機器もごろごろしています。
そこで、現在のHDDのデザインはどうか?更に言えば、ファンがほとんどない機器が多いリビングで
HDDのうるささは目立たないか?
DSC_0253.jpg
DSC_0254.jpg
そこでこのLogitecのHDDは、このHDDの欠点を取り除き、
リビングに安心して送り込むために造られた機種です。
DSC_0256.jpg
ただし、完成までの道のりは大変だったそうです。
何しろ、この製品の帯はマスとなっている部分で、各社コストダウンの限りを尽くし
最も競争力のある商品をぶつけてきます。
Logitecは、この製品の「コンセプト」で勝負を仕掛けます。
DSC_0257.jpg
リビングで生息しうるHDDの条件としてこれらが目指されました。
DSC_0258.jpg
DSC_0263.jpg
DSC_0262.jpg
DSC_0261.jpg
DSC_0260.jpg
これらの努力により、Logitecは今回の製品の発売に漕ぎ着けたわけです。
実際、競合製品より全然軽いですし、デザインもよい。
リビングにおいても、全く違和感がありません。
指紋がつくのは残念ですが、スタンドアロン前提であればこれは高級感あるデザインとして
受け止められます。
特に、縦横両対応なのは、AV機器では横が主流であることに対する答えでしょう。


その後、スライドではなく実際に目でHDDの違いを確認できましたが、
これはまた次回行きましょう。まとめも次回で。
それではおやすみなさい。

このレビューを評価していただける方はこちら





このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたセミナーに参加して書かれています。本セミナーへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)本セミナーに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillViii株式会社みんぽす運営事務局)



みんぽす


テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

空が上手く撮れない

IMG_0230
IMG_0230 posted by (C)sonyfun

暗雲が立ち込めてきた感じが撮りたかったのでカメラを向けましたが、
AFが合わず。
AUTOモードで全く撮れず最悪のテンションで帰宅すると「P」モードならば
AF設定を「遠景」に出来ることが判明^^:

使いこなせてないなあ・・・。

最近は三脚を愛用。ミニ三脚をまた使っています。



テーマ : 詩と写真
ジャンル : 趣味・実用

IXY920ISで撮るガンダム


こないだのレビューで貼り忘れたガンダムの動画です。
気軽に撮れるデジカメ動画は悪くは無いですがやっぱりブレ補正が
欲しいですね。デジカメのブレ補正はほとんどが電子式なので。
HDになるとよりいっそう手ブレで画質に悪影響を及ぼしそうですし。

それはそうと、ガンダムもすごい。
ミストがしっかり噴射して、首も動きました。

テーマ : 詩と写真
ジャンル : 趣味・実用

最近カフェラテに嵌っている

四谷学院では自習室で、飲み物の持ち込みが可能です。
よって、自習室では飲み物を持ち込んでいます。

一番のお気に入りはこれ。コクのあってミルキーでコーヒーの味がしっかりするカフェラテが
勉強に気持ちを向けさせてくれます。

しかも、130円で安いんですよ(笑

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

【アルカリ金属】科学部、ナトリウム実験!

久しぶりに科学関連の記事です。
DSC_0403.jpg
これを使いました。
あの小説『ガリレオ』でもナトリウムは凶器として使われました。
(ガリレオでは炭酸水素ナトリウムに変化させて反応を遅らせていましたが)
DSC_0380.jpg
爆発を抑えるため、少々大掛かりです。
DSC_0404.jpg
ダンボールで草を保護し、自然破壊をしないよう心がけます。
DSC_0405.jpg
沈むように石をかぶせて沈ませる。
DSC_0408_20090824015418.jpg
固唾を呑んで待つ。
DSC_0419.jpg
そして、激しく反応する。

アルカリ金属の反応を実際に見られたのは、良かったです。
今回の記事が控えめなのは、文化祭で同内容を発表するから(笑

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

パナソニック「DMC-FP8」を見てきた:レビュー

実は、ソニービルに行った日、パナソニックセンターにも行っていたのですよ(ハハ・・・)
IMG_0082.jpg
違う用事だったんですが、幸運にもPanasonic LUMIX秋モデルを見ることができました。

IMG_0059.jpg

まずは、DMC-FP8とはどんなモデルなのか?についてですが、
屈折式光学系採用のフラットボディ“LUMIX”「DMC-FP8」

屈折式レンズは35ミリ換算28~128ミリの光4.6倍ズームで、撮像素子には1/2.33型 有効1210万画素CCDを組み合わせ手ブレ補正機能「POWER O.I.S.」によって暗所での手持ち撮影にも強くなったほか、被写体にカメラ向けるだけでそのシーンが自動判別され、最適な設定で撮影が行える「おまかせiA」も夜景の自動判別が可能になるなど強化されている。



Panasonicから屈曲光学式が出るなんて珍しいです。FT1を出して抵抗が無くなったか?
機能的にはさすがとしかいいようの無い仕様です。
バッテリー持ちもいいし小ささもある。

でも、見ててもピンと来ないんですよね、何故か。
IMG_0060.jpg
IMG_0066.jpg
まず、この独特のボタン類がちっともかっこよく思えないのは私だけ?
安っぽいプチプチボタンにLEDあしらっただけに見えるんですが。
操作性は思ったより悪くないのはいいですね。

IMG_0063.jpg
レンズはライカ。それはいい。ですが、何故Z300やTX1など他社が軒並み装備する
レンズカバーを見送ったのか?
普段から持ち歩いてレンズを保護というか、汚れがつきやすいではありませんか。
この辺の細かさに古くから屈曲光学式に取り組んできたソニーやフジフィルムとの差を感じます。
オリンパスとかの防水デジカメならわかりますよ。。。

IMG_0064.jpg
デザイン上のアクセントとなっている凹凸。この部分をレンズカバーにすれば良かったのにと思います。

実際、興味は持っていたのですが、その分さめるのも速い。
ちょっと欲しくはならなかったですね。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

見せてもらおうか、Canonの型落ち機の実力とやらを-IXY DIGITAL 920IS:レビュー③

レビューのネタにしようと思い、話題のお台場ガンダムに行ってきました!
このときの経験を元に、レビューを書いていきます。
ちなみに、家族もガンダムを撮っていますので、ガンダムの記事は3度目ということに(笑
僕は、あの機種に勝ちたい!【GX200:お台場ガンダム撮影編】
お台場ガンダムの勇姿を捉える!【DSC-W170で】

IMG_0046
IMG_0046 posted by (C)sonyfun
IMG_0042
IMG_0042 posted by (C)sonyfun
ちなみにこれがテレ端。安定した画質のズームレンズですね。文句なし!
IMG_0041
IMG_0041 posted by (C)sonyfun
デジタルズームを併用するとこんな感じ。
ISの威力で大してぶれずにすみました。
IMG_0051
IMG_0051 posted by (C)sonyfun
ちょうどガンダムが動くところを見られて大満足。
IMG_0047
IMG_0047 posted by (C)sonyfun
8月も末だと言うのに人!人!人!。
IMG_0052
IMG_0052 posted by (C)sonyfun
ちょっとこの写真だと四隅が画質低下しているように見えますが、
許容範囲内。
AFすばやい起動も早い、本当に大満足の機種でした。
IMG_0053
IMG_0053 posted by (C)sonyfun
ガンダムの後ろにはこんなにものどかな風景が広がります。
IMG_0123
IMG_0123 posted by (C)sonyfun
夜景でもISO400までなら余裕で常用可能。ISO800でぐっと多くなりますけどかなり優秀でしょう。
IMG_0147
IMG_0147 posted by (C)sonyfun
マクロは狙ったところにピントがいきにくいけど。


不満な点は、
・シーンモードがあまり使い物にならない。
・マクロ時のAFも速い、けど間違える。
・電源ボタンと動画カメラ切り替えを間違える。
・クローム加工のレンズまわりは指紋がつきやすい。
・AUTOモードで連写ができない理由について
ぐらい。ほとんど言いがかりに近いのもありますし、それだけ満足な機種ということです。

DSC_0455.jpg
このジョグダイヤルが凄くベンリ。
DSC_0456_20090822002500.jpg
DSC_0452.jpg
デザインは本当に上品ですよね。

型落ちですから、今買わねばなくなります。
本当に、オススメです!

このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

なぜ、920ISは、930ISが出ても未だ魅力的なのか?【920IS:レビュー②:新モデルと比較】

冒頭のタイトルは、TIIDAのCMをもじってみました。The Secret of 920ISといってみましょうか。

キヤノン、初の広角24mm対応タッチパネル機「IXY DIGITAL 930 IS」

まず、変更点はまとめてこれくらい。
・28mm4xレンズが24mm5xレンズへ
(◎ 素晴らしい。ここまで広角になれば言うことなし。)
・液晶がタッチ対応の「クリアライブ液晶T」へ
(△ 個人的には嫌いです。また、ワイド液晶になったのも残念。×にしたいですがタッチフォーカスの出来次第。)
・自動シーン認識の対応
(○ 普通に良い)
・HD動画撮影
(○ 順当に搭載されたがもちろん良い)
・加速度センサー利用UI
(△ 個人的にはいらない)
・マクロモードでの撮影距離が5cmに
(× 3cmの差はマクロでは結構でかい)
・重さは130g
(○ 25gの軽量化。バッテリーが変わっていなければ◎だったけど)

ってところ。総合的にはそれほど魅力が変わらない。
バッテリーは変わっているからバッテリー持ちは落ちるだろうし。
24mmは魅力があるけどね。

コントローラーホイールや「再生」「MENU」はハードウェアのボタンとして用意されており、タッチパネルは狙った人/モノへ直感的にピントを合わせるためだけに利用することも可能だ。


とはいえ、これは救いでしょう。私もこれならなんとか930ISまで待ったかも。

930ISも当然素晴らしいモデルですが、かといって920ISの魅力が落ちるほどではないね、と。
510ISの後継といったほうがしっくり来るんですよ、正直。

930IS購入予定の人は負け惜しみだと思ってください(-_-:
9x0ISを持っている人は、仲間になりましょう!(笑



テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

これはベストショットを狙い撃ちするスナイパーだーParty-Shot IPT-DS1:レビュー


この動画は、IPT-DS1のものです。
実際に見てきましたが、あれはすごい。

顔を捜して、「ウィーンウィーン」
顔を見つけて「ジージー」(構図調整)
そして「パシャ」

結構精度もいいんですよ、これが。
IMG_0109.jpg
IMG_0108.jpg
実際、私はCyber-Shotコーナーを眺めていたら勝手にシャッター音がして撮られていたという。
これ、盗撮ですよね(笑

Party-ShotというよりParty-Sniperって感じですよ。


このレビューを評価していただける方はこちら


対応はDSC-WX1とTX1の2機種のみ。
せめてHX1や、T900には対応していて欲しかったところ。

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

TX1はハイエンドコンパクトの夢を見るか?【DSC-TX1:レビュー】

IMG_0090.jpg
WX1のお次は、ソニーCyber-Shot売れ筋機種Tシリーズの後継「TX1」です。
仕様としてはGレンズを採用したりしたWX1と違い旧来からの「CarlZeiss VarioーTessar」ですし、
広角も搭載していない。(屈曲光学式でもLUMIX FT1やCOOLPIXS70などの28mm機が出回っていますし、早く搭載してほしいところ)
いまいち本気感はないものの、その薄さで一眼に迫る高感度性能となれば胸が高鳴るものが
あります。

IMG_0092.jpg
やっぱり四角四角したデザイン。
薄さは相変わらず。デザインはほぼ同じですが、個人的には違和感を感じました。
上だけ光沢があるので、スライド時に手がかかる上部には指紋がつきやすい。

一番驚いたのは、T700時代に弄っていて不満に思ったところが沢山解消されていること。
IMG_0099.jpg
まず、ファインダーがちゃんと映る!前モデルみたいにボヤボヤしていない!
IMG_0097.jpg
GUIも改善されています。ちょっと触っただけでも誤操作の数が明らかに減りました。
これまでのUIを直接はっつけただけのようなものとはワケが違う!
IMG_0098.jpg
GUIもすかさず高精細液晶対応に。

IMG_0100.jpg
あとは、これだけ。

画質は、WX1のレビューを呼んでいただければ幸い。

食指はそそられませんでしたが、レベルは高いモデルです。
より作りこまれた感があります。





テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

高感度をバシバシ使いたくなるカメラ-DSC-WX1:レビュー

今日は久しぶりにソニービルへ。
目的は、初のExmorR搭載デジカメ、DSC-WX1.TX1をチェックすることです。
IMG_0084.jpg

WX1を見て驚いたのは、W300に匹敵するような高級感あるデザイン。
IMG_0085.jpg
これだと良くわかりませんが、カメラのレンズ部の出っ張りが減り、フラットになっています。
IMG_0087.jpg
全体的に丸型のデザインではなく、四角四角したデザイン。
はて、丸々している最新Canonデジカメと対比になって面白いかも

IMG_0089.jpg
IMG_0088.jpg
ボタンは悪評だったHOME/MENUキーは廃されMENU単独に。
特に一新された点というのはなし。

IMG_0096.jpg
IMG_0095.jpg
全体的に高級感のあるデザイン。私の920ISのゴールドが落ち着いた美しさと言うなら、
WX1は金属的な美しさがあります。片や金属感を抑えつつ、片や金属感を強調し。

そして・・・気になるのは画質関係でしょう。
ここからはメモリースロットにATフィールドが展開されていたので(笑、
フィーリングでいきます。

24mm始まりの5倍ズームは気持ちよかった。非常に広角でした。
明るいレンズが有難かったかな。(F2.4~)

ExmorRの画質をチェック・・・といきたいところです。
しかし、それをショールームの明るさが阻む!
この中では高感度の恩恵などどうしてうけられようか。
そこで考え、名案が浮かびました。
「カバンを暗くして、中身を撮ればよい」ということで、感度を変え、隣のW270と比較してみました。

完全な感覚で言えば、「3倍と言わずとも、2倍の性能はあります」
まず、ISO3200.W270では完全に緊急避難でしたが、WX1では縮小状態なら十分見れました。
ISO1600。WX1は、ちょっと崩れたかなぐらいの画質。W270は縮小してやっと。
常用としてはISO800まで行けると思います。
これまでの限界が400くらいだったと思うので、やはり2倍ですね。
旧機種の高感度は、「色味が薄く、貧相」な印象ですが、「色がしっかり乗っている」という意味でも
評価できます。

・・・ただ、「高感度をバシバシ使いたくなる」という言葉の裏には、
「低感度は・・・」という意味を含ませています。
低感度(ISO160)は、ちょっと画質がよくないかなという感じ。
HX1でも感じたことなんですが、どうしてもノイズが浮いてしまうというか。
CMOS特有の弱点なのかもしれませんね。

CMOSというと、やはりCCDとの使い勝手の違いを感じました。
これまでのCCDコンデジだと、AF時にワンテンポ入るイメージでしたが、
WX1、TX1だと全体的にキビキビしているイメージです。
AFもすばやい。
撮影時のテンポは、コンデジ最高クラスかもしれません。

もっと価格が安ければ・・・待って買ったんですけどね。
非常に惜しみながらソニービルを去りましたとも。

このレビューを評価していただける方はこちら



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

IXY 920ISでとりあえず何枚か撮ってみた。

IMG_0011
IMG_0011 posted by (C)sonyfun
コンデジでもしっかりボケてくれることに感動。
IMG_0007
IMG_0007 posted by (C)sonyfun
IMG_0012
IMG_0012 posted by (C)sonyfun
IMG_0016
IMG_0016 posted by (C)sonyfun
ISO400。
ノイズがしっかりついていますが諧調は崩れておらずディテールまできっちり描写。
個人的には好感が持てます。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

なぜ、今920ISなのか【Canon IXY-D 920IS;インプレレビュー】

DSC_0357.jpg
購入しちゃいました。920IS。

これまでの私のコンデジ遍歴の中で、初の沈胴式デジカメ!
(KONICA MINOLTA DIMAGE X1→SONY DSC-T20→Canon IXY 920IS)
私は、基本「面白い」デジカメが好きで、屈曲光学式の機種を好んで使っていたんですが・・・
正直、IXYを買ったのを一番信じられないのは自分自身です(笑

最初は、Tシリーズの後継を考えてたんですがタッチが嫌で防水を検討し、
防水はレンズが剥き出しなのが嫌で候補が無かったんですよね。
そこで店員さんに薦められたのはCanon 210IS。
一瞬で惚れました。そつなくまとめられたデザイン、そして強力な機能、それを18.4mmに詰め込んでいます。

購入を決意し、店頭を眺めると・・・
なんと、そこには16800円という激安なIXY920ISが!
IXY210ISは20800円。
(210IS+3inch、広角-小型、HD動画+3000円=IXY920IS)
という数式を導き、考えること20分あまり・・・
帰りの自転車には920ISが(笑

で、なぜIXY920ISなのか。

まず、920ISと520IS、210ISを比較したときに、バッテリーのもちが格段に違います。
(920IS 300枚台、510IS、210IS 200枚程度)
しかも、ボタンが削減されています。
そして、液晶も3inchで920ISの方が大きい。

一方、920ISはHD動画が使えず、サイズがやや大きめ(520IS 145g:155g)
こだわりオート機能はありません。

これらの点を加味し、16800円という価格なら十分アドバンテージがあると考えこれにしました。

では、開梱レビューに移ります。
DSC_0369.jpg
なんと、添付ソフトウェアに、MAC版もありますよ!(Macユーザー諸兄へ)
DSC_0361.jpg
(広角ズームレンズ4x。W170の5xよりはよくないが。)
DSC_0363.jpg
表面の仕上げが上品で頬擦りしたくなるくらいのゴールド。
こういうゴールドは非常にかっこいいし映える。
DSC_0366.jpg
DSC_0372.jpg
ワイ端。
DSC_0373.jpg
テレ端。

ともかく、18日にガンダムを撮って性能をチェックします!

このレビューを評価していただける方はこちら




テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

ソニー唯一のiPod対応製品「AC-U50AD」:レビュー

DSC00253_20090816011026.jpg
といっても、ACアダプターですが。
昔、NW-A916と同時購入したのを思い出し、レビュー。
DSC00254_20090816011105.jpg
SonyとiPodの切り替えスイッチがあります。

これは、確か低ノイズなので充電しながらでもワンセグ視聴ができるというのが売り。
ただし、「充電できる場所」≒「難視聴地域」になるので、充電録画というのが難しい・・・^^:
(補足すると、充電しやすいのは当然窓際、窓際にACアダプターを接続するのは難しいため)

デザインもシンプルでいいし、気に入ってはいるんですが本末転倒感が否めない機器でした。


テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

7月の検索ワード

「8MCMOS 画素数」
そりゃあ8Mでしょう。
「D5000 一眼 私は」
なんですか。
「SH-03A 使いにくさ」
なんという後ろ向きな検索
「ドコモSH-01Aは悪くないか」
悪くないです。
「世界史 BL ネタ」
!?
なぜこのワードでうちのブログに・・・
「ProPixって意味あるの」
無いよ。
「SH-03Aのリアカバーが開かない」
誰か助けてあげてください。
「ビエラ 番組表 広告 やめろ」
叫び。

たまに漁ると面白い。
検索ワードでした。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

WBによる写真の変わりよう

DSC00245.jpg
AWB
DSC00246.jpg
WB:daylight

一枚目が青空にしては濃すぎ明らかにAWBにクセがあることがわかります。
二枚目は青空に合わせたWBにしたところしっかり青空のすっきりした感じが出ました。
なるほど、これまではWBなんて。。。と軽視していましたが。なかなかどうしてという感じです。
認識を改めたいと思います。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

ExmorR;DSC-WX1の画質は良くない?

ソニー「サイバーショットDSC-WX1」ファーストインプレッション

本機の場合、高感度時のノイズレベルは上々なのだが、実は常用感度域での“普通のシーン”での画質にややクセがある。
 もっとも気になったのは、通常撮影時の画質。なかでも、最低感度での、ノイズの多さと輪郭のジャギっぽさは、あまり感心しないレベルだ。
(中略)
 この絵作りは意図してやっているのか、テレ側でのレンズ性能低下を少しでも補うための設定なのか、わからないが、いずれにしても不自然な、いわゆる”デジタル臭い”画像になっている点がとても残念だ。



頑張ってはいるみたいですが、まだ洗練されてはいないようですね。
CMOS搭載の危惧が奇しくも的中してしまいましたか・・・残念です。

秒10コマの超高速連写機能や720p動画撮影機能も搭載している。とくに、後者は意外なほど高画質で、AFのレスポンスも実用レベルで、動画撮影中でもズーミングができるなど、簡易HDムービーを超えて、旅行先や子供の成長記録にも使えそうなレベルだった。


動画が使えそうなのがうれしい。CMOSになったのが良かったか?

高感度は期待通りみたいですし、ソニーらしいとんがった感じになりそうですね。
24mm広角などの魅力もあるし、凄く愛着が持てそうです。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

モンハン2Gに再びハマる

あはは…(-_-;
あの廃人仕様ゲームMHP2Gに、再び足を踏み入れてしまいました。

またやってみると、やっぱり面白い。
結局双剣を片手剣に変更して、進めています。

というわけで、受験勉強も相まってさらに更新頻度が落ちるかも(笑)

高校生クイズ2009インターネット予選&関東大会

20090810035603
高校生クイズに今年もまた参加してきました。

関東大会に参加してきましたが、今回は最初で敗退…。
得意の歴史問題が予想以上に間が悪い出題タイミング(-_-;
とはいえ、みかんアイスやライオン製品の無料配布もあったし、なかなか面白かったです。

そのあとはインターネット大会。200問20分というありえない出題ペース。
というわけで、wikiで今日について予習していましたが、残念ながら出ず、完答もできませんでした\(^o^)/


楽しかったですよ、ええ。来年も参加しよう。

ノスタルジックな雰囲気のD901iカメラ

D901iが久方ぶりに発見されたのでカメラ機能を使って見ました。
D901iといえばフジフィルム製のCCDハニカムを利用した2Mケータイカメラ。
ちょっとその画質に期待をしていました。
D1000011
D1000011 posted by (C)sonyfun
これなんてすごくよくないですか?
すっきりとした画質というか。NRが弱めにかかっているおかげで暗いところが潰れていないんですよ。
DSC00211
DSC00211 posted by (C)sonyfun
単純な画質はSO905iCSなどが上ですけど。
青がより青いのはD901。
D1000008
D1000008 posted by (C)sonyfun
DRもかなり広い
D1000014
D1000014 posted by (C)sonyfun
ああ良い画像。独特ですね。
D1000015
D1000015 posted by (C)sonyfun
とはいっても、夜景はやはり見れたもんじゃない。画像処理の恩恵を痛感します。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

初の裏面照射型CMOSデジカメ「DSC-WX1、TX1」がキタ!【カタログレビュー】


ソニー、世界初の裏面照射型CMOS搭載デジカメ「サイバーショットDSC-TX1」
~強化ガラスのタッチパネル液晶も採用


ソニー、24mm対応の裏面照射型CMOS搭載機「サイバーショットDSC-WX1」

DSC-TX1.jpg
(公式サイトより引用)
DSC-WX1.jpg
(公式サイトより引用)

ついにきました、あのビデオカメラ界に超低ノイズをもたらした「XR520V」
それに搭載されていた「Exmor R」を搭載したデジカメが!
これでソニーは10年は戦える!

※ ExmorRとは?
撮像素子の光を裏面から照射することで、2倍の効率を実現した新CMOSセンサー。
高感度でも低ノイズ。これによりコンデジやビデオカメラの画質底上げが期待されている。

と、まずはTX1から行きましょう。
TX1は、どうやらT900/90の流れを汲む機種のようですね。
3型液晶でサイズ的には、T90に近い。実際、デザインもほぼ同じように見えます。

それに比べると、このようになります。
薄さ:13.9mm→14.1mmへ(素子のサイズが微妙に落ちているのにちょっと残念。)
バッテリー:220枚→250枚(CCD→CMOSの省電力化の恩恵か。)
重さ:128g→119g
さらにそれに加え、スイングパノラマや手持ち夜景モードなど、CMOSでの高速化による
連写を活かした機能を惜しげもなく搭載。

価格はT90より5千円ほど高くなっていますが、まあ妥当でしょう。


 液晶モニターはタッチパネル式の約23万ドット3型クリアフォト液晶プラス。タッチパネル面に強化ガラスを採用し、従来比約2倍の強度を持たせた。色滲みも発生しないという。タッチ操作では、あらたになぞり操作に対応。スクロールなどの操作性が向上したまた、撮影設定のアイコンをドラッグアンドドロップしてよく使う機能を並べるなど、カスタマイズが可能になった。


これにも大注目。
ようやくタッチパネルUIも完成されてきたか?

次は、WX1。

WX1は、強いて言えばW270の流れを汲むというところでしょうが、
かなりスペックが強化された印象。

まずは、レンズが24mm始まりになったこと。

焦点距離28~140mm相当(35mm判換算)、開放F3.3~5.2の5倍ズーム。マクロモード時の最短撮影距離は、広角端が約10cm、望遠端が約50cm。


から

独自の「Gレンズ」を搭載。35mm判換算の焦点距離は24~120mm、F2.4~5.9の5倍ズームで、非球面レンズを5枚使用した。最短撮影距離は広角端で約5cm、望遠端で約50cm。


ということで、かなり広角よりの仕様。好感が持てますね。

その他の仕様は、
薄さ 22.6mm→19.8mm
重さ 135g→120g
バッテリー 330枚→350枚
と、着実にスペックアップ。
レンズはGレンズだし、連写機能も当然ふんだんに搭載されている。
これまたかなり良い機種ですね。

二つとも素晴らしく堅実に仕上げてきた。
1つだけ心配は、「CMOS搭載で画質はどうか?」ということ。
正直、CMOS搭載の「CX1」や「FC100」、画質でいい評判は聞きません。
高感度といってもCCDで「F200EXR」などの高感度に強い機種はいくらでもありますし。
後はこれだけですね。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

日銀&東証に行って来た

日銀と東証にちょっとした社会見学のようなもので行って来ました。
DSC00184
DSC00184 posted by (C)sonyfun
あのパネルの回る速度が速すぎてどうしてもぶれてしまったんですが。。。^^:
DSC00182
DSC00182 posted by (C)sonyfun
ちょっとした会社の仕組みを学ぶ授業が受けられました。
サインで行われていたときの相場はちょっと体験してみたいところ。
DSC00189
DSC00189 posted by (C)sonyfun
東証はやはり近代的で垢抜けてました。ああいうところに勤められるといいなあ。

DSC00190
DSC00190 posted by (C)sonyfun

そこから少し歩いて日本橋へ。
DSC00194
DSC00194 posted by (C)sonyfun
DSC00195
DSC00195 posted by (C)sonyfun
江戸時代ならともかく、今の日本橋に情緒などはありませんがこれはこれで。

DSC00198
DSC00198 posted by (C)sonyfun
日本銀行。歴史を感じますね。
歴代総裁の肖像画が描かれているのが気に入った。
お金の屑を頂いてきました。

テーマ : 詩と写真
ジャンル : 趣味・実用

NWD-W202覚書【NWD-W202:レビュー②】

DSC_0347_20090804001230.jpg
まず、感じたことを箇条書き形式で。
・音質は私の糞耳には許容範囲。開放感のあるソニーらしい音質。
目の覚めるような高音質というわけではないが。
・ヘッドフォンは音漏れ激しそう。
・USB端子が上部についていたり、インターフェースが耐久性に難のあるダイヤルなので
防水対策が心配。せめてパッキンぐらいつけてくれても良かったのでは。
・バッテリーは一日持たせることだけを考えれば別に問題は無い。
家では常時スタンドにつけて充電しておく。
・スタンドにつけたときもかっこいい・・・。
・「ZAPPIN」はかなり使える。ただ、100曲もあると厳しいかな。やはりライトな用途向け
なのでしょう。NW-A916は並行して使うことに。
・付属のケースは上手く出来ている。

今後、文章にしてまとめたいと思います。眠いのででは、これにて。



このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

FUEL:プレイレポート2【素晴らしきこのせかい】

2回目のFUEL、プレイレポートです。


前回のプレイレポート:自由だー!!【PS3:FUELプレイレポート】
公式サイト:こちら

オンラインプレイの様子を書こうとしたのですが・・・
しかしそこには誰も居ません(CV:ジョンカビラ)
既に世界では発売されているのか?そもそもオンライン対戦サーバーはアジア限定なのか?
良くわからないので保留。
DSC00146.jpg

ゲームとしてどうか、となると印象はほとんど変わりませんでした。

コースアウトの無い自由な道路、美しい自然。
HDTVでそれを楽しんで進むのは素晴らしいです。
ただ、今回わかったのはLEGENDなどの上級難易度を積極的にやらないと他のステージ
に行けない仕組みになっていること。
初心者向けで満足している場合ではない。

弱い車種はオフロード性能が概して高く、ショートカットで一発逆転を狙いますし、
強い車種はスピードが圧倒的なので公道をひたすら走り抜くなど、
戦略の立て方に幅があってよかったです。

まあ、少しCPUがバカなのは否めませんけどね。
抜いたらすぐに差を広げるな、と。

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

NWD-W202が届いた!

DSC_0347.jpg
届いた、届いた!

久しぶりのデジモノだっ!
かっこいいなあ!

ハイテンションでお送りしました。失礼いたしましたぁ・・・・

DSC_0348.jpg
DSC_0349.jpg
DSC_0350.jpg
DSC_0351.jpg


かっこいい。質感がいい。
Walkmanのグッと来る度が最近うなぎのぼりですよ。

Sonyは挑戦者になると本当に強いですよねぇ。
レビューは後に書きますね。

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。