スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D5000 vs D40-ニコンデジイチ新旧対決レビュー

D5000セミナー、自分の愛機を持って出かけました。
そう、「カメラの機能の差が使いやすさの決定的な差でないことを(以下略」とばかりに。
D40はまさにそれを体現している機種ですからね(笑
貧弱としかいいようの無い機能、しかしそれでも使いやすい。
みんぽす
さて、Nikonの新機種D5000ですが新規ユーザーだけではなく、
ステップアップを狙うユーザーも多いと思います。
そのステップアップ元の代表格となるであろうD40との比較を、行ってみます。
何しろD5000はD40と同様にモーター非搭載機。D70などの旧機種ユーザーの場合は
買い換えの選択には入っていきづらいでしょうから。
必然的に買い換え元はD40が多くなるでしょう。


▼一回り大きい本体
DSC02822.jpg
DSC02820.jpg
DSC02821.jpg
レンズはともかく、本体は一回り大きいですね。
スペック的には重量も100g程度アップしています。

▼細かいブラッシュアップ
DSC_0237.jpg
DSC_0236.jpg
DSC_0238.jpg
これはD5000のボタン配置です。D40と比べて角度が付けられ、細かい利便性が
向上していました。
モードダイヤルの質感も向上。
ファインダーは・・・、それほどの差が無かったですね。

▼画質は?
質感の向上、サイズの変化はともかく、最も気になるのは画質でしょう。
特に高感度画質は、D40と10M機ではD40の方が画質が上と言われるぐらいでしたし。
12Mに世代交代した今でも6MのD40のアドバンテージはあるのか?
まずは、ISO200から、順々に見て行きましょう
ISO200
D40
DSC_0200
D5000
_DSC2724 (1)
なんというか素人目なので良くわかりませんが、
ISO200だとD40のほうが若干透明度があるというか。
CMOSとCCDの絵の違いでしょうか。
とはいえ、それほど大きな差は無いですね。

ISO400
D40
DSC_0201
D5000
_DSC2726 (1)
互角。ISO400程度なら一眼レフであればどうということはないでしょう。

ISO640
D5000
_DSC2727 (1)
こういう細かいISO感度が設定できるのはD40ユーザーにとっては嬉しいのではないでしょうか。

ISO800
D40
DSC_0202
D5000
_DSC2728 (1)
双方、ボケの部分のノイズが目立ちはじめました。
ですが、まだ双方十分実用範囲。

ISO1600
D40
DSC_0203
D5000
_DSC2730 (1)
双方、結構ノイズが浮いてディテールが少し失われています。
でも、この程度なら人によって意見が分かれるところでしょう。
私はOKだと思います。
さて、ディテールをしっかり比較すればD40のほうに多少カラーノイズが散見される程度、
といったところでしょうか。いずれにせよかなりいい勝負ですね。

ISO3200
D40
DSC_0204
D5000
_DSC2732 (1)
これは、D5000が貫禄の圧勝。
D40は縮小版でもかなりのカラーノイズ。実用に耐えうるかは疑問です。
一方D5000はノイズこそ沸いているものの実用範囲に収まっています。

ISO6400
D5000
_DSC2734
縮小ならそこそこですが拡大すると見れたものではありませんね。
ブログ用、といったところでは?
さすがニュータイプ、「ザクとは違うのだよ、ザクとは」ってところですかね(笑

▼まとめ
LV、Dムービーのレビューなどは個別に取り上げるとして、
画質など基本的な部分でかなりブラッシュアップが行われていると感じます。
カタログスペックでもAFなどが進歩していますし、シーンモードもなかなか実用的でした。

高感度も明確にD40より上という確信がもてましたし、自信を持ってステップアップをオススメしたい
ですね。

このレビューを評価していただける方はこちら
D5000・D40レビュー一覧
:Nikon D5000セミナーレビュー:D90の画質とD60の親切さ
すごいよ、ライブビュー!-Nikon D5000:レビュー①
Nikon D40の画質に感激
エントリーモデルながら満足感はトップクラス~Nikon D40:レビュー
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

すごいよ、ライブビュー!-Nikon D5000:レビュー①

前回のレビュー:Nikon D5000セミナーレビュー:D90の画質とD60の親切さ

▼D5000最大のウリ、ライブビュー+バリアングル
まず、D5000公式サイトを見てみましょう。
しっかり「バリアングル液晶モニター+ライブビュー撮影」と書かれていますね。

というわけで、まずD5000最大のアピールポイント、ライブビューを見て行きたいと思います。
DSC_0196.jpg
DSC_0224.jpg
α350のライブビューは触ったことがありますが、確かにこっちのほうが使いやすいかも。
まず、大きな利点として
・液晶を隠せる(単純に液晶を傷つけにくいという点)
・縦撮りが容易
ということがあげられます。
DSC_0225_20090428235532.jpg
D5000の液晶の仕組みは、一眼としては非常にレベルが高い、と私は思います。

▼ただ・・・?
ライブビュー撮影(以降LV撮影)は、非常にぶれやすいです。
特に、撮影会が夕方だった私は、ISOを3200まで上げて撮影に臨まざるを得ませんでした。
実際上手くがっしりとホールディングできないので、撮影は難しいです。

もっと言えば、このLV機能最大の不満はコントラストAFの採用。
AFは正直かなり遅めです。厳しい。
α350の位相差AFを知っている者としては、我慢できるレベルではない。
AFの遅さは、LVの目的である「軽快さ、気軽さ」とは明らかに反する物ではないでしょうか?
できれば、LVに特化しているモデルなら、ぜひとも位相差AFには別のセンサーをつけてでも
対応すべきだったと思いますよ。

正直、撮影会の参加者のほとんどがLVではなくファインダーで撮影してた時点で
厳しいんですよね、実際。この便利さを知った参加者が全員LVでパシャパシャやるようでなければ
(^^:

あとは、レスポンス感が微妙。なんかテンポが違うような。

▼自分の価値観にはピッタリ
かなり厳しい意見を浴びせてますが、D5000のライブビュー機能、自分にはかなり魅力的な機能に感じましたよ。
DSC_0197.jpg
それはMF撮影時。視野率100パーセントの液晶ファインダーで構図を確認しつつ
自分でフォーカスを合わせて撮る。いいな、と。
また、マクロレンズのMFの場合は同じ位置にいなくてもテーブルの上などに置いて
バリアングルで構図を確認しつつピント合わせ、なんてこともできる。
その点に関しては優秀です。

まあ後は、よりフォーカスの山があわせ易いよう、細部の拡大機能やフォーカスエイド機能が
LVで適用されると、尚良いと思うのですが・・・。
この使い方が本来の目的でないことも明らかですが(笑

みんぽす

このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

Nikon D5000セミナーレビュー:D90の画質とD60の親切さ

みんぽす

今日は、Nikon D5000のセミナーに行ってきました。
DSC00005_20090427005717.jpg
すごいいい天気。撮影会日和?
GoogleMapに撮影会の場所が掲載されておらず、場所にたどり着くまで散々迷ったので、
この日差しはかえって恨めしかったですが^^:
で、場所がレストラン風だったんですね。入りづらかった!
で、五階へ。


そしたらWillviiの方にに「なんでこっちから入っちゃうかなー!」と言われました(爆
はい、スイマセン。エレベーターがあったなんて知りませんでした(-_-:
うーたんさんに教えてもらえなかったら気づかなかったと思います(笑


_DSC2712.jpg
セミナースタート!
相変わらずの自己紹介を経て、Nikonの開発・企画担当の方々の説明が始まります。

_CSC2935.jpg
_DSC2742.jpg
_DSC2746.jpg
今回、説明を担当された三人です。
企画が一人、開発が二人だったかな?
_DSC2750 (1)
中国北京五輪、チョモランマ登頂時にもCOOLPIXとD300が使われたようです。
Nikonのクオリティは世界的に信頼されているんですね。
実際、ユーザーの眼からみてもNikonはどこか信頼できるというイメージがあります。
_DSC2752.jpg
日経ビジネスの調査で顧客満足度一位をこんなに獲得しているNikon。
でも、一眼は寡占市場ですから、競争相手がかなり少ない中からですよね^^:

訂正:どうやら、これは勘違いのようで「一眼レフデジカメ」ではなく「デジタルカメラ」での一位のようです。申し訳ないです。Willvii様からのご指摘を受けました。
そういうことならNikonは確かにすごいですね。マニア向けに高い支持を得るRICOH、
一般層の信頼厚いCASIOなどと争って一位とは・・・。
_DSC2754 (1)
_DSC2760.jpg
D60とD90の空いた隙間へと投入したという話。
ネットでも有名ですよね、これは。
ですが、Nikonが目指したのは、「D60とD90のいいとこ取り」
D90のイメージセンサーを流用し、使いやすさはD60から。
決して下位モデルというわけではないという話でした。
D40のキャッチコピーですが、「Nikonクオリティーを、あなたにも」というイメージですかね。
事実、撮れる写真はD90と全く一緒という話でした。逆に、動画においては画質が向上している、と。
これぞNikon。機種間のヒエラルキーを重視するのではなく、そこで出せる最善のものを提供する。
そのせいでDX最上位のD300がちょっとかわいそうな気もします。(笑
こういう設計思想はNikonのが大好きです。
DSC_0213.jpg
DSC_0214.jpg
DSC_0216.jpg
DSC_0227.jpg

バリアングルについても話がありました。
バリアングルを採用していくなかで、大きさがとられてしまった、という話と、
ファインダーにも拘ったという話。実際、LV特化機の某機種なんて酷いですからねぇ・・・。
まあ、あの機種はLV時のAFが他の機種とは全く別次元なのでいいですけどね。
あとは、縦開き横開きの理由ですね。
実際、こういうのには正解はないと開発者の方もおっしゃっていた通り、
理由にすぎませんけどね。「だから」こうしたというのはありますけど「だから」正解なんだこれが。
というわけではないです。
DSC_0219.jpg
DSC_0220.jpg
Nikonはボタン配置をあまり変えていない、という話。
買い換えユーザーのことを良く考えられていることには感心しました。
実際、D40と比べるとD5000はかなり扱い易かったです。
しかも、ボタンの角度などが細かくブラッシュアップされています。

DSC_0221.jpg
DSC_0225.jpg
こんなところまで拘っている。正直、感銘受けますね。
typeTセミナーのときも思いましたが一流メーカーの開発者の製品に対する想いを聞くと実に
感銘を受けます。
DSC_0229_20090427020621.jpg
NikonとNikkorレンズの関係はやっぱり切り離せない。
_DSC2820_20090427011608.jpg
_DSC2811 (1)
_DSC2808 (1)
DSC_0233.jpg
DSC_0232.jpg
このD5000は、かなりファミリー層を意識したモデルになっている印象を受けます。
19種類ものシーンモードは、CASIOのBS機能と同様に最適な写真を撮る手助けになります。
写真のプロが、「こういうシチュエーションはこういう設定で撮るんだよ」と教えてくれているんですから、場合によってはMASPモードよりも利用価値が高いかもしれません。
ハイキー、ローキーモードなどでは簡単に味のある写真が撮れましたし、
キャンドルモードでは写し難い炎が雰囲気たっぷりに撮れました。
画像編集も中々に充実しているようです。詳細は次記事にまわします。

_DSC2807 (1)
そして最後にDムービーのPR。でもなあ・・・・Dムービーは5DMark2と違って720だし、
正直MFだけではファミリー層向けには厳しい気がします。
メリットに関してはスライドの通り、マクロレンズでムービーとか面白いかもしれません。

では、撮影会・D5000自体のレビューはまた明日。

このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

EX-Z400で東京都庁に行ってきた

CIMG1117
CIMG1117 posted by (C)sonyfun
4月8日に、EX-Z400最後の撮影ということで、東京都庁&新宿中央公園に行ってきました。
桜も終わりに近づき、新緑の季節が近づいてましたね。
もっとも、今現在はとっくに新緑ですが。
CIMG1116
CIMG1116 posted by (C)sonyfun
CIMG1115
CIMG1115 posted by (C)sonyfun
CIMG1111
CIMG1111 posted by (C)sonyfun
CIMG1109
CIMG1109 posted by (C)sonyfun
CIMG1118
CIMG1118 posted by (C)sonyfun
CIMG1112
CIMG1112 posted by (C)sonyfun
CIMG1107
CIMG1107 posted by (C)sonyfun
CIMG1119
CIMG1119 posted by (C)sonyfun
CIMG1101
CIMG1101 posted by (C)sonyfun
CIMG1090
CIMG1090 posted by (C)sonyfun
夕焼けの東京が、なかなかいいかんじでしたね。
CIMG1089
CIMG1089 posted by (C)sonyfun
CIMG1104
CIMG1104 posted by (C)sonyfun
桜吹雪が凄かったです。
CIMG1095
CIMG1095 posted by (C)sonyfun
F2.6のおかげでSSが稼げて撮りやすいです。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

It’s a 懐デジ!KYOCERA Finecam S3

念願の古デジカメを手に入れたぞ!
DSC_0187_20090424231510.jpg
中々いい味でしてる銀デジです。このでかさがいい感じ。
DSC_0188.jpg
DSC_0189.jpg
液晶の小さいし、GUIは不親切だしだけど、いろいろな機能に専用ボタンがついてたり、
細かく設定できたりと、この良くわからなさ感が非常に結構。
新しいデジカメだと許せなくても古いデジカメなら許せます(笑)
KIF_0003.jpg
KIF_0005.jpg
ブログ用としては十分過ぎますよね、これなら。
2倍ズームというのは少し物足りないですけど。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

EX-Z400:不具合?

みんぽす

過去のレビュー記事
ダイナミックフォトの本当の意味-EX-Z400セミナーレビュー
レッツ・ダイナミックフォト!-EXILIM EX-Z400セミナーレビュー?
Z400の本質は「カメラ」にあり-CASIO EXILIM EX-Z400レビュー
EX-Z400フォトサンプル
EX-Z400でHD動画を試す!【CASIO EX-Z400:レビュー?】
EX-Z400のBS機能は使える!【EX-Z400:レビュー?】
EX-Z400の高感度はどこまで使えるのか?【EX-Z400:レビュー?】

EX-Z400レビュー最終回:初心者向けデジカメの決定版

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら



とても素晴らしかったEX-Z400。ただ、少し不具合かと気になっていることがありまして。。。
写真撮る→電源切るの動作でハングアップし、正常に写真が記録されない不具合です。
ちょっと時間あければ回避できましたが。
ただ、これまで機種全体の不具合ではないかもしれない、と考え、書くのはやめておいていました。

しかし・・・
ダイナミックフォトだけではモッタイナイ ~EX-Z400レビューその2

使っていて気になったのは、撮影後カードにデーターを
書き込み中に電源の切るボタンを押すとそのままフリーズ
してしまうことです。

この場合、電源ボタンが効かなくなり、バッテリーを一度
抜き差しする必要があります。


私の使い方にも問題があると思いますが、急いでいる時には
撮影後直ぐに電源ボタンを押すようにしています。

通常、撮影直後に電源ボタンを押すと、画像を保存→レンズ収納
→電源OFFという、「電源OFF先予約」的な挙動をするのですが、
EX-Z400ではそのような使い方は無理のようです。



そしてさらに、同じくEX-Z400を利用していたモノフェローズさんにこの症状について聞いたところ、
「経験がある」ということで一致したので、書かせていただきました。

あとは、春休みの旅行のときのオマケ写真です。
実に手軽に撮ることが出来ました。
CIMG0974
CIMG0974 posted by (C)sonyfun
宇治で買った抹茶スイーツ。
CIMG0818
CIMG0818 posted by (C)sonyfun
CIMG0817
CIMG0817 posted by (C)sonyfun
熱海で買ったプリン。あんま美味しくなかった・・・。
CIMG0813
CIMG0813 posted by (C)sonyfun
CIMG0812
CIMG0812 posted by (C)sonyfun
CIMG0811
CIMG0811 posted by (C)sonyfun
CIMG0810
CIMG0810 posted by (C)sonyfun
CIMG0809
CIMG0809 posted by (C)sonyfun
CIMG0808
CIMG0808 posted by (C)sonyfun
CIMG0873
CIMG0873 posted by (C)sonyfun
我らが定番「赤福」


このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

アンモニア・逆滴定実験

こないだの科学部では、アンモニアの逆滴定実験を行いました。
DSC_0109.jpg
まあ簡単に言うと、発生したアンモニアの量から元もとの量を検証する実験ですね。
理論値との違いを計測します。
こういう類の実験は、有名大学でも出題される実験なようです。
なので、うちの副部長も乗り気(笑)

DSC_0120.jpg
DSC_0119.jpg

風の中のすーばるー♪
砂の中の銀河ー♪
DSC_0132.jpg
DSC_0137.jpg
ですが、今回の実験は、残念ながら失敗。
途中で酸を零したり、ついうっかり逆流させたりと、失敗してしまいました^^:

計算が間違っていたりと、今回の実験は、不慣れからミスが全員多かったような気もします。
今度は、ちゃんと成功したレポートを載せますよ!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

TAMRON90mmin新宿

DSC_0158
DSC_0158 posted by (C)sonyfun
DSC_0142
DSC_0142 posted by (C)sonyfun
DSC_0143
DSC_0143 posted by (C)sonyfun
DSC_0160
DSC_0160 posted by (C)sonyfun
先日のモノフェローズ懇親会に行ったとき、D40+TAMRON90mmを携行していきました。

うすうす予想してはいましたが、90mmというのは、APS-Cでは中望遠なんですよね。
被写体が無いんです。予想以上に^^:
新宿ほどの大都会なら・・・というのは甘かったです。
都会は、広角レンズでド迫力に写すものですね。

マクロレンズ持って旅に出たい・・・。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

モノフェローズ懇親会

DSC_0163
DSC_0163 posted by (C)sonyfun
DSC_0164
DSC_0164 posted by (C)sonyfun
今日、12月に続き再びモノフェローズ懇親会へ。

相変わらずの濃い会話がめっちゃ興味深かったですよ。
高島屋のデパ地下料理は相変わらず美味しい。

で、皆さん時計セミナーの帰りだったので・・・
DSC_0166.jpg
こんな感じ(笑)

とっても楽しかったです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

NV-U3Cのコンパクトさに惹かれる:ミニレビュー

CIMG0790.jpg
CIMG0791.jpg
nav-uの新型、NV-U3Cを見てきました。基本的な感覚はU3と変わらずこの小ささ。
実にいいですね。
ですが、この液晶の小ささだと車ではなく、自転車に使ってみたいですね。
自転車に装着してどこまでもサイクリングしていく・・・いいなあ。

テーマ : カーナビ
ジャンル : 車・バイク

TAMRON90mmマクロでいろいろ撮ってみた

90mmマクロが届いてから、持ち出してまでいろいろと撮ってます。
DSC_0066
DSC_0066 posted by (C)sonyfun
DSC_0095
DSC_0095 posted by (C)sonyfun
DSC_0101
DSC_0101 posted by (C)sonyfun
DSC_0102
DSC_0102 posted by (C)sonyfun
DSC_0093
DSC_0093 posted by (C)sonyfun
DSC_0075
DSC_0075 posted by (C)sonyfun

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

Nikonの新型・D5000が来た?:カタログレビュー

【05/01予定】 D5000 ボディ

●2.7型バリアングル液晶●Dムービー●画像編集機能が強化●19のシーンモード●静音撮影モード●ターゲット追尾AF●11点AF●エアフローコントロールシステム、イメージセンサークリーニングシステム●高感度ISO3200対応



(写真はSofmapより引用)


11点AFに対応し、静穏AF、ライブビュー、動画対応と一般ウケのいいスペックをそろえてきた印象。
でも、このデザインはどうかと。って感じですねぇ。

値段が84800円・・・ということは、D60とD90の中間ってことでしょうか?
D40がディスコンしたことを考えると、これまでのD60のポジションであり、
機能的にはEOS KissX3に対抗しているのでしょうか。



キヤノン、フルHD録画に対応した「EOS Kiss X3」
中々この2機種の争いとなると面白そうな感じもします。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

将棋、再び ちょっとしたつぶやき

DSC_0065.jpg
DSC_0054.jpg
さて、私実は小学生の頃は将棋を嗜んでました。
中学受験を境に将棋から遠ざかり、随分経ったんですが・・・

実は久しぶりにYahoo将棋を指したら、嵌ってしまって。
TVゲームと違って無料ですし、実にいい娯楽になります。
最近頭の回転も早い気がしますし。

で、買ったのは随分定跡が時代遅れになっていたので概要を掴むべく「相振り革命最先端」を
購入。
Yahoo将棋の上級者ラウンドの1か2で「lsm_sonyfun」のハンドルで指してるので、
見かけたらよろしくお願いしますね!
ちなみに得意の戦法は四間飛車です!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カメラ機能はどうなの?-Walkman Phone Premier3:カメラレビュー

「S001」開発者インタビュー

――同時期に発表されたPremier3との違いは、どこまで意識しましたか。
ベーシックな部分は共通な仕様です。同じメーカーなのに機種ごとに使い勝手がバラバラだとお客様も混乱されますので、UIに関しても共通性を持たせています。その中で、自分が求める付加価値が音楽なのか、写真なのか――ある程度の水準以上のプレミアムはお客さまが選べるようにしました。つまり、上に乗る部分の付加価値で住み分けを行っているということですね。



ほうほう・・・Premier3に関してもカメラ機能についてちゃんと気を使っている、ということですかね。
本当か、ソニービルで試してみました。

フォトサンプル
SN3I0003
SN3I0003 posted by (C)sonyfun
AWBの精度の悪さが見て取れますね。壁の色調に引っ張られている。
おかげで大分見栄えが悪くなってます。
ノイズが意外と低ノイズなので結構センサーの素性は良いのかも。
DSC00001
DSC00001 posted by (C)sonyfun
世代的な問題なのか、単純な画質ではiCSが劣っているようにも見えます。
AWBは優秀なので大した問題ではないですけど。

SN3I0002
SN3I0002 posted by (C)sonyfun
DSC00003
DSC00003 posted by (C)sonyfun
SN3I0001
SN3I0001 posted by (C)sonyfun
DSC00002
DSC00002 posted by (C)sonyfun
マクロはやっぱりPremierでは難しかった。AF自体苦手そうでした。

一枚目の写真がISO400なので、高感度でも意外に粘っているのがわかるでしょう。
実際、PremierはWalkmanケータイですが、カメラに関しても中々のモデルのようです。
ただ、カメラとしては操作系がやや厳しいですけどね。
どうなんですか、あのボタン。シャッターキーとしては正直。。。
CIMG0786.jpg
CIMG0789.jpg
またこのスタイルのせいでもありますね。

まあ、近頃のケータイにありがちな酷い画質ではなく、まがりなりにもハイエンドクラスの画質と
いえるでしょう。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

フォトサンプル【SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1:レビュー】

DSC_0042
DSC_0042 posted by (C)sonyfun
DSC_0044
DSC_0044 posted by (C)sonyfun
最近飲んだものたち。ティラミス・ラテは程よいほろ苦い感じがちょうどいい。かなり旨い。
クイニー・アマンのやつに近いイメージ。
飲むプリンは最近流行っているのかな?mono-logueさんのところでも他のものを飲んでいたような・・・
味はプッチンプリンみたいなイメージ。高いプリンの味はしないけどこれでいいと思います。

DSC_0009
DSC_0009 posted by (C)sonyfun
DSC_0031
DSC_0031 posted by (C)sonyfun
DSC_0010
DSC_0010 posted by (C)sonyfun
もうたまらんですね。
一日使ってすっかりマクロレンズにほれ込みました。90mmマクロサイコー!

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

タムロン 90mmマクロが届いた!【SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1:レビュー】

私のところに、初めてのマクロレンズ、TAMRON90mmマクロが届きました!
大興奮です。ほんっと大興奮です。
マクロレンズはやっぱり他のレンズとは違いますね。
まずレンズがめっちゃ伸びる。これで精細なピント合わせが可能。
近いところでもピントが合う。

先ず写真を撮ってみました。
DSC_2578
DSC_2578 posted by (C)sonyfun
DSC_2576
DSC_2576 posted by (C)sonyfun

DSC00039_20090409234525.jpg
DSC00038.jpg
DSC00040_20090409234525.jpg

D40に装着すると少し重さのバランスが悪いですがおかげで結構マクロレンズつけても軽めですみます。TAMRON自ら「伝説のマクロ」と称するレンズ。これからの撮影が楽しみです。


このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

EX-Z400レビュー最終回:初心者向けデジカメの決定版

ついに一ヶ月たったのでEX-Z400を返却することになりました・・・。
名残惜しいです。
実によく出来たデジカメでした。
今回のレビューはもう出尽くしたのであえてNOPhotoでいきます。
写真が見たい方は是非過去のレビューから。

みんぽす

過去のレビュー記事
ダイナミックフォトの本当の意味-EX-Z400セミナーレビュー
レッツ・ダイナミックフォト!-EXILIM EX-Z400セミナーレビュー②
Z400の本質は「カメラ」にあり-CASIO EXILIM EX-Z400レビュー
EX-Z400フォトサンプル
EX-Z400でHD動画を試す!【CASIO EX-Z400:レビュー③】
EX-Z400のBS機能は使える!【EX-Z400:レビュー⑤】
EX-Z400の高感度はどこまで使えるのか?【EX-Z400:レビュー⑥】

EX-Z400レビュー最終回:初心者向けデジカメの決定版

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら







1 EX-Z400の長所とは?
EX-Z400はまず多彩なBS(ベストショット)機能を搭載し、常に最適な設定で写真を撮影することが
できます。それに加えシーン自動認識の「オートベストショット」を搭載しているので、
カメラ任せにすることも可能。
込み入ったマニアックなマニュアル設定こそできないものの、初心者であれば使いやすいと
思えるデジカメでしょう。
私は初心者に「今どのデジカメがいい?」と聞かれたらCASIO製デジカメを推薦していると思います。

色物機能として二つ、「ダイナミック・フォト」と「メイクアップモード」もありました。
「ダイナミック・フォト」は面白い機能です。
構想を友人や家族と膨らませることでコミュニケーションツールとして使えます。
「メイクアップモード」も、女性に主眼を置いては居ますがやはりコミュニケーションツールでしょう。
メイクアップモードで写真を撮ると、盛り上がりますよ。

画質も良い。F2.6の明るさでSSが稼げるのは大きな長所です。
なんだかノイズを減らすためにのっぺりとした写真になりますが、
それは近年全メーカーのデジカメで言えることですね。

ですが、これらを凌ぐ最大の長所は「バッテリー」
一回の旅行(4泊5日)で1回も充電しないでOKという驚異のバッテリーライフ。
持ち歩き用、旅行用に全幅の信頼がおけます。
これを使うとバッテリー保持200枚台のデジカメがとっても頼りなく見えます。

2 EX-Z400の短所とは?
その一方で、EX-Z400には短所もあります。
残念なことにオートBSは精度がいまいちで、よく誤認識をしてしまう。
マニュアル機能は前述の通り充実してはいない。
ダイナミック・フォトは所詮お遊び。作品作りという「クリエイティブ」な作業とまではいかない。
しかも三脚が必要な場合もある。

3 総評
このデジカメには長所短所あります。しかし、前述した短所などは些細なもの。
長所を覆すほどではありません。
しかしこのカメラ、本質はバッテリーもち、簡単さとすごくライト向けなカメラなんですね。
カメラは使うけど、そんな設定とか画質とかにコダワリが無い。
良く旅行に行く。
コミュニケーションツールとしてカメラを利用している。
そういう方にオススメです。

このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

EX-Z400&SO905iCS&D40で行く京都・大阪旅行④ 【東山(銀閣)編】

さて、前回の醍醐寺から銀閣に向かったわけですが、どうやって行くかを考えたところ、
蹴上(駅)から南禅寺~哲学の道~銀閣を経由して行くのがベストという考えに至りまして。
早速その通りに動きました。
DSC_2457
DSC_2457 posted by (C)sonyfun
南禅寺。空が白とびしてますねえ。
DSC_2460
DSC_2460 posted by (C)Naka
DSC_2461
DSC_2461 posted by (C)Naka
石川五右衛門が「絶景かな」と言ったことで知られる南禅寺(実際は創作)ですが、
京都市街方面はあまり絶景ではないですね^^:
まあ、山のほうを眺めるのがいいと思いますよ。
DSC_2476
DSC_2476 posted by (C)Naka

その後哲学の道を銀閣寺方面へ散策。
もうちょっと静かなら尚良かったですね。実に綺麗で心洗われる思いでした。
DSC_2479
DSC_2479 posted by (C)Naka
DSC_2480
DSC_2480 posted by (C)Naka
DSC_2484
DSC_2484 posted by (C)Naka
DSC00025
DSC00025 posted by (C)Naka


DSC_2486
DSC_2486 posted by (C)Naka
桜は結構咲いてて実に綺麗でした。
DSC_2494
DSC_2494 posted by (C)Naka
CIMG1025
CIMG1025 posted by (C)Naka
CIMG1026
CIMG1026 posted by (C)Naka

途中のお店で抹茶ぜんざいをいただく。抹茶の風味がしっかり出てて上品。
DSC_2495
DSC_2495 posted by (C)Naka
萌え出ずる春、という感じですよねぇ。
DSC_2500
DSC_2500 posted by (C)Naka
DSC_2501
DSC_2501 posted by (C)Naka
途中で別の寺院に立ち寄る。
DSC_2506
DSC_2506 posted by (C)Naka
DSC_2509
DSC_2509 posted by (C)Naka

CIMG1020
CIMG1020 posted by (C)Naka
今度は抹茶を飲みました。まあまあ。
DSC_2517
DSC_2517 posted by (C)Naka
銀閣寺に到着。いわゆる8代将軍義政の別荘、又の名をひきこもり部屋ともいいます(笑)
史実では日野富子が怖くて晩年はここに篭りっきりだったというのは聞く話ですから。
DSC_2518
DSC_2518 posted by (C)Naka
DSC_2521
DSC_2521 posted by (C)Naka
修理中。残念。
DSC_2522
DSC_2522 posted by (C)Naka
DSC_2523
DSC_2523 posted by (C)Naka
DSC_2524
DSC_2524 posted by (C)Naka
DSC_2525
DSC_2525 posted by (C)Naka
DSC_2526
DSC_2526 posted by (C)Naka
庭園っていいです。特に日本式。海外のものと比べて全然考え方が違うことに気づかされました。
DSC_2535
DSC_2535 posted by (C)Naka
DSC_2536
DSC_2536 posted by (C)Naka
DSC_2537
DSC_2537 posted by (C)Naka
銀閣に豪著さはありませんが、いいですよ。小学生の頃は金閣にばかり目が行ってましたけど。

京都旅行もこれでほぼおしまい。後は適当に仲間はずれの写真を貼るだけです。

自作PCのメモリを2GBに増設・・・

DSC00031_20090406003254.jpg
今、メモリってほんと安いですね。
2GBでも2千円あれば悠々と買えてしまう。

値段が上がる上がると言われ続けていたんですが、なかなか上がりませんねぇ。

安値で買える今のうちという事で、PCメモリを1GB→2GBに増設。
これならVista入れても大丈夫なレベルでしょう(入れませんけどね)
ですが、XPではほとんど違いはないという(涙)
辛うじてPicasaでの画像拡大処理が高速化したくらい^^:

テーマ : 独り言
ジャンル : その他

tag : PC メモリ

EX-Z400&SO905iCS&D40で行く京都・大阪旅行【③ 醍醐寺編】

3日目の京都では、まず醍醐寺に向かいました。
CIMG0984
CIMG0984 posted by (C)sonyfun
最寄り駅に桜が。早速綺麗ですね。
CIMG0985
CIMG0985 posted by (C)sonyfun
しっかり誘導路までついてるので迷うことは無い。
でも・・・、DAIGO TEMPLEなんて「うぃっしゅ」の人を思い浮かべるのは私だけ?(笑)
CIMG0986
CIMG0986 posted by (C)sonyfun
なんだか道中が微妙・・・普通に遊歩道なんですが、住宅街になってて。
どうしてもっと京都は景観を大事にしないかなあ。ロンドンとかパリは凄かったのに。
CIMG0989
CIMG0989 posted by (C)sonyfun
到着!桜が出迎えてくれました。
DSC_2383
DSC_2383 posted by (C)sonyfun
DSC_2381
DSC_2381 posted by (C)sonyfun
すっかり桜が花開いていて、すっかり華やいでいました>醍醐
DSC_2390
DSC_2390 posted by (C)sonyfun
DSC_2393
DSC_2393 posted by (C)sonyfun
DSC_2397
DSC_2397 posted by (C)sonyfun
DSC_2398
DSC_2398 posted by (C)sonyfun
DSC_2402
DSC_2402 posted by (C)sonyfun
DSC_2406
DSC_2406 posted by (C)sonyfun
DSC_2407
DSC_2407 posted by (C)sonyfun
DSC_2410
DSC_2410 posted by (C)sonyfun
DSC_2411
DSC_2411 posted by (C)sonyfun
DSC_2420
DSC_2420 posted by (C)sonyfun
屋台がいっぱい並んでてそこの食べ物も美味しかったです。
「花より団子」でしょうか。やっぱり学生にはね。
CIMG0991
CIMG0991 posted by (C)sonyfun
もちろん、醍醐寺は寺ですから建物も見て回りました。
和式庭園が綺麗でした。華美ではないがかといって貧相ではない。
DSC_2443
DSC_2443 posted by (C)sonyfun
DSC_2438
DSC_2438 posted by (C)sonyfun
DSC_2423
DSC_2423 posted by (C)sonyfun
DSC_2446
DSC_2446 posted by (C)sonyfun
DSC_2449
DSC_2449 posted by (C)sonyfun
DSC_2435
DSC_2435 posted by (C)sonyfun
いや、景色といい食べ物といい醍醐寺は実に良かったですよ。
そうだ、京都行こうの題材となった場所に相応しい。
CIMG1000
CIMG1000 posted by (C)sonyfun


tag : EX-Z400 D40 京都 醍醐

欠点変わらず、チューンアップ:S-Frame DPF-X1000:レビュー

こないだ、ソニーデジタルフォトフレームの新製品「DPF-X1000」と他の新製品を見てきました。
まずびっくりしたのはX1000の大きさ。
これは迫力あるなあと感心。
CIMG0802.jpg
枠の大きさもこのデザインなら気になりませんし、やっぱりソニーのデザイン力は賞賛に値します。
正面から見るに画質はこれまでよりも良くなっている感じです。
少なくとも主観的には見栄えいい。
CIMG0803.jpg

ですが、視野角が弱いのは相変わらず。
CIMG0801.jpg
上下からの鑑賞に弱く、これで壁かけなんかしたら真っ黒に見えるんじゃないか?
と心配になりました。
ぜひともハイエンドモデルくらいは視野角に配慮した液晶にして欲しい。

うれしいこともありました。
CIMG0806.jpg
デジタルフォトフレームで常に不満だった操作系が改善され、ボタンが使いやすそうになっている!
これであの操作地獄からは解放されるかな・・・
CIMG0807.jpg
リモコンももー少し使いやすければいいんですけどね。

総合的に見れば着実に進歩した点もあり、そのままの点もあったモデルでした。
視野角の問題もあるのでスルーしますが、デザイン性などこれからも注目すべきモデルでしょう。
木目調モデルなどもありましたし。

このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : フォトフレーム
ジャンル : 写真

DSC-HX1・Fインプレレビュー

CIMG0793.jpg
CIMG0794.jpg
CIMG0796.jpg
CIMG0795.jpg
CIMG0797.jpg
CIMG0798.jpg
CIMG0799.jpg
CIMG0800.jpg
ちょっと気になってたDSC-HX1を見てきました。

HX1はCybershot初の1080/30p動画撮影や、10コマ秒の高速連写を実現しているモデル。
ExmorCMOSセンサー、Gレンズ、BIONZとソニー内製技術の結晶みたいなモデルですね。
ちなみにCMOSセンサーの採用はかつての「R1」以来。
すっかりα登場以降個性を失ったCyber-Shotで、唯一気を吐くモデルとして注目してました。

いやー、中々良い感じのモデルですね。
高速連写も機能としては使えそうです。もちろん、パスト連写や他の連写を活かしたマニアックな
機能は無く、あくまで連写ですけどね。

操作系がジョグダイアルでなく、さらにNIGHTSHOT機能が省かれたのが残念と言えばそうです。

ですが、かなり印象としてはいい。あくまでフィーリングですけど。
あとは大きさですね。望遠デジカメはどうしてもデカくなります。これでは一眼のほうがいいと
いうことになる。H3並の大きさならいいのに。

・・・と、思っていたのですが。
撮影したデータを見返して気づきましたが、どうも低感度にも関わらずノイズ多めのような。
DSC00132
DSC00132 posted by (C)sonyfun
ハイライトに粒状のノイズが。ISO125なのに。
やっぱりCMOSだと低ISO時の画質ではCCDに劣るんでしょうか・・・。
DSC00135
DSC00135 posted by (C)sonyfun
あとはパノラマ機能。やっぱり出来が良い。
DSC00138
DSC00138 posted by (C)sonyfun



関連記事
本当にこのデジカメは「惚れる」のか【DSC-T77:レビュー】
25mm広角の威力は?~DMC-FX35:レビュー
DMC-FX35inアメリカ
Nikon D40の画質に感激
エントリーモデルながら満足感はトップクラス~Nikon D40:レビュー
EX-Z400レビュー最終回:初心者向けデジカメの決定版

このレビューを評価していただける方はこちら

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : DSC-HX1 ソニー コンデジ

SO905iCS&EX-Z400&D40で行く京都・大阪旅行 ②【宇治編】

二日目は宇治へ行ってきました。
宇治は抹茶好きには天国でした!
抹茶抹茶抹茶・・・、口の中がすっかり抹茶味になってしまいました^^:
DSC_2282
DSC_2282 posted by (C)sonyfun
JR宇治駅。京都からは奈良線で行けます。
DSC_2212
DSC_2212 posted by (C)sonyfun
DSC_2211
DSC_2211 posted by (C)sonyfun
DSC_2218
DSC_2218 posted by (C)sonyfun
DSC_2219
DSC_2219 posted by (C)sonyfun

いい感じの風情です。
DSC_2222
DSC_2222 posted by (C)sonyfun
平等院に到着!
DSC_2224
DSC_2224 posted by (C)sonyfun
DSC_2226
DSC_2226 posted by (C)sonyfun
DSC_2228
DSC_2228 posted by (C)sonyfun
なんと平等院に桜が!
桜はあまり咲いていないという話だったのですが行ってよかった!
DSC_2229
DSC_2229 posted by (C)sonyfun
DSC_2230
DSC_2230 posted by (C)sonyfun
DSC_2231
DSC_2231 posted by (C)sonyfun
DSC_2233
DSC_2233 posted by (C)sonyfun
枝垂れ桜は満開、染井吉野はまだまだって感じでしたね。
次の土日には満開でしょうか。
DSC_2235
DSC_2235 posted by (C)sonyfun
DSC_2236
DSC_2236 posted by (C)sonyfun
DSC_2237
DSC_2237 posted by (C)sonyfun
つぼみ!つぼみ!
DSC_2238
DSC_2238 posted by (C)sonyfun
これが満開の枝垂れ。
DSC_2240
DSC_2240 posted by (C)sonyfun
DSC_2243
DSC_2243 posted by (C)sonyfun
太陽が草木を撫でるいい陽気でした。
DSC_2248
DSC_2248 posted by (C)sonyfun
宇治川沿いを移動し宇治上神社へ。
DSC_2251
DSC_2251 posted by (C)sonyfun
平家物語でも「先陣争い」の舞台となった宇治川。こんな平穏な川が
戦場だったんですね。
DSC_2253
DSC_2253 posted by (C)sonyfun
DSC_2255
DSC_2255 posted by (C)sonyfun
DSC_2257
DSC_2257 posted by (C)sonyfun
DSC_2261
DSC_2261 posted by (C)sonyfun
DSC_2262
DSC_2262 posted by (C)sonyfun
DSC_2270
DSC_2270 posted by (C)sonyfun
DSC_2247
DSC_2247 posted by (C)sonyfun
DSC_2273
DSC_2273 posted by (C)sonyfun
DSC_2272
DSC_2272 posted by (C)sonyfun

ここが宇治上神社
DSC_2276
DSC_2276 posted by (C)sonyfun
DSC_2277
DSC_2277 posted by (C)sonyfun

一応現存最古の神社建築らしいです。歴史を感じるスポットはやはりいいものです。
DSC_2279
DSC_2279 posted by (C)sonyfun
屋根に苔がヴァ-っとなっていたのが印象的でしたね。
DSC_2280
DSC_2280 posted by (C)sonyfun
で、帰りました。
CIMG0966
CIMG0966 posted by (C)sonyfun
昼飯は京都駅から今出川まで出て親子丼を食べました。
素材の美味しさが感じられて美味かったです。
CIMG0967
CIMG0967 posted by (C)sonyfun



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : EX-Z400 D40 宇治

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。