スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIOのスペック、ネットブック・デスクトップと比較するーVAIO typeT:レビュー

このレビューは、これらのレビューの続きです。
よろしければ、これらのレビューもご覧下さい。もちろん、これ単体で一つの内容ですので
見ないでも大丈夫ですが。
製品に対する「想い」が感じられるセミナー~VAIO 新typeT(VGN-TT70B:レビュー)
これは「感じる、コンピューター」 VAIOtypeT(VGN-TT70B:レビュー)
動画で見るVAIO TT70B:レビュー-起動時間、照度センサー・・・・


このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら




みんぽす

やはり、VAIOtypeTというフルスペックモバイルを購入している以上気になるのは
スペック。ちなみに今回お借りしたtypeTは
CPU:Core2Duo SU9300
MEM:4GB
HDD:160GB HDD
とモバイルPCでは最高峰のスペック。それと比較するのはうちの自作PCとEeePC、
スペックは

自作
CPU:Athlon64X2
MEM:1GB
HDD:320GB HDD
Eee
CPU:CeleronM 
MEM:512MB
HDD:4GB SSD


ちなみにグラボ等変わったものは全く搭載せず。
では手始めにVistaのベンチマークを見てみましょう。
eee.jpg
グラフィックがボトルネックですねえ・・・。
それでも思ったよりハイスコアでした。下は他のVAIOでの測定結果です。
SSDストライピングモデルだとスコアが1近く違うんですね。
ものすごく安い「VAIO typeN」は、まともに使えるのか?(その3)
VAIO typeT(TZシリーズ)を綺麗に分解して高速SSD化する(その3)
究極のモバイルVAIOノート「VAIO tyepZ」レポート(パフォーマンス編その2)

・総合的なパフォーマンスはどうか?

rty.jpg
無題
無題5
(上がtypeTT、下へ向けてEeePC 4G-X、うちの自作PC)
すごい、流石にCPUスペックなどでは自作PCの数値に迫ってますね。
モバイルPCとしては申し分ない数値でしょう。
ネットブックとのこの差に驚き。3倍に近い数値で、「3倍早い」と言ってもいいですね(笑)
CPUに至っては5倍、メモリは7倍の差。
・ストレージ速度は?
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 38.006 MB/s
Sequential Write : 36.883 MB/s
Random Read 512KB : 18.822 MB/s
Random Write 512KB : 22.439 MB/s
Random Read 4KB : 0.331 MB/s
Random Write 4KB : 0.905 MB/s

Test Size : 100 MB
Date : 2008/11/30 11:05:30

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 22.785 MB/s
Sequential Write : 8.973 MB/s
Random Read 512KB : 28.174 MB/s
Random Write 512KB : 5.211 MB/s
Random Read 4KB : 6.686 MB/s
Random Write 4KB : 0.079 MB/s

Test Size : 100 MB
Date : 2008/11/30 15:41:06
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 64.518 MB/s
Sequential Write : 53.403 MB/s
Random Read 512KB : 31.750 MB/s
Random Write 512KB : 37.589 MB/s
Random Read 4KB : 0.452 MB/s
Random Write 4KB : 0.450 MB/s

Test Size : 100 MB
Date : 2008/11/30 16:04:45
(上からtypeTT、EeePC 4G-X、うちの自作PC)
VAIOはモバイルながらかなり高速ですね。
それでもランダムリードはEeePCにアドバンテージがあるみたいです。

この記事を評価していただける方はこちら




スポンサーサイト

テーマ : VAIO
ジャンル : コンピュータ

動画で見るVAIO TT70B:レビュー-起動時間、照度センサー・・・・

おの記事は、前回のレビュー記事からの続きです。
よろしければ、以下の記事もご覧下さい。
製品に対する「想い」が感じられるセミナー~VAIO 新typeT(VGN-TT70B:レビュー)
これは「感じる、コンピューター」 VAIOtypeT(VGN-TT70B:レビュー)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら



みんぽす

1 起動時間は?
モバイルPCである以上、もっとも気になるのは起動時間でしょう。
迅速な起動が求められる場合、トロいPCでは始動も遅くなりがち。
そこで、シャットダウン状態からの起動動画を用意しました。


2 照度センサー
VAIOはネットブックなどと違い周囲の明るさに応じてバックライトの輝度を変更する、
「照度センサー」が搭載されています。ちなみにこれはTZでは搭載されておらず、TTで初採用です。

3 動画で見るVAIOの細かい気配り
セミナーで聞くところに拠れば「VAIOTTのシリンダー電源は電源の入るときも電気的に
点くのではなくフワッと有機的に点くようにした」とのことです。
動画で実際に見てみましょう。


4 まとめ
起動時間の動画を観てわかりましたが、やはり起動はかなり遅いですね。
1分20秒程度ではEeePC 4G-Xの34秒には勝てません。
やはりHDDは相当なボトルネックなんでしょうね。

Vistaご自慢のハイブリッドスリープでも結構な時間がかかある印象。
一方、通常の使用ではそれほど動作の遅れなどを感じませんでした。 
Centrino2とメモリ容量(4GB)の威力とはいえ、モバイルですでにここまでVistaが使い物に
なることに驚きました。
typeTでここまで動くのだから、typeZなんかだとさぞかし・・・と思いますね。

この記事を評価していただける方はこちらから。




テーマ : VAIO
ジャンル : コンピュータ

これは「感じる、コンピューター」 VAIOtypeT(VGN-TT70B:レビュー)

ようやく届きました、VAIO typeT(TT)。
それでは、早速ファーストインプレッションをば。

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら




みんぽす
DSC02727.jpg
軽く、それでいて品格があって決して安っぽくない。
やっぱりtypeTはいいですね。
DSC02729.jpg
ただ、少し全体的にマット加工なのが玉に瑕。個人的にはつるつるのほうがすきなんですけどね。
DSC02697.jpg
typeTといえばTZ以降追加されたこのシリンダー電源。
最初はインパクトあって「おお、かっこいい!」と思いましたけど採用されすぎて
「まるでサイヤ人のバーゲンセールだぜ」とでも言いたくなる感じ(笑)
DSC02698.jpg
これも恐らくTZ以降に追加されたアイソレーションキーボード。
軽すぎるキータッチは好みが分かれる。買いたい人は要確認です。
DSC02700.jpg
TZのときよりさらに剛性を増したもの。
これは画面にキーボード跡を付けない為のものですね。
DSC02707.jpg
この工夫、大好きです。HDMI端子
は剥き出しにならずしっかりカバーに包まれているんですね。
DSC02714.jpg
このRGB端子も「ギリギリまで詰めた」という感じが出てて良いです。
DSC02709.jpg
PC初採用のNC。この機種の音質、実は映像よりも凄いと思います。
ヘッドフォンをつけるとディテールまで聴き取れます。
DSC02719.jpg
Vistaは初めてですが、全体的に動きがちょっととろいような気もします。
どうもVistaには良い印象が無いんですよね。
DSC02717.jpg
手持ちのEeePC 4G-Xとの比較。スマート!
DSC02691.jpg
フットプリントはやはり大きい。

今日から使用できるのが楽しみです。
さながらこの記事は「写真で見るVAIO typeT」ですけどねw

評価していただける方はこちらから。




テーマ : VAIO
ジャンル : コンピュータ

vadoの画質はデジカメに比べてどうか~vadoレビュー②

昨日に引き続き、クリエイティブメディア製ビデオ共有機「vado」のレビューをお送りします。
今回の記事は前回のレビューの続きですので、よろしければ前回のレビューもご覧下さい。
クリエイティブメディア vado:レビュー【ファーストインプレッション編】

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら



みんぽす

前回、「画質はそれなり」というような趣旨の事を書いたと思います。
では、どのような画質なのか?手持ちのケータイ、デジカメと比較してみることにしました。
まず撮影するのは部屋の中の楠木正成像。(だったはず。タイトルは忠臣蔵ですが気にしない。)


(vado)
(DSC-T20)
(SO905iCS)

これを見ればわかるように、やはり撮像素子の大きさからかDSC-T20が優位に立っている印象。
手ぶれ補正もしっかり効いているのか手ぶれも少ないです。

ちなみに動画にはSO905iCSのフォトライトが重宝します。
しかしiCSには手ぶれが起きやすい印象を受けました。脇をしっかりしめてグリップしないと
いけないのでしょうか。

あとは、おまけでUSBメモリでつかえるか、ということで書き込み速度チェック。
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 3.481 MB/s
Sequential Write : 1.479 MB/s
Random Read 512KB : 3.481 MB/s
Random Write 512KB : 1.012 MB/s
Random Read 4KB : 1.428 MB/s
Random Write 4KB : 0.023 MB/s

Test Size : 50 MB
Date : 2008/11/27 22:13:36
うへえ・・・microSDですら5MBsの読み書きができることを考えると
USBメモリの代わりは勤まりませんね。



この記事を評価していただける方はこちら

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

相棒第6話「希望の終盤」:感想

とうとう、テストが近づいてきたというのに、相棒だけはやめられません。
何しろ将棋が題材ですから尚更。

今回の作品は、相棒らしく切ない感じですね。
すれ違いが殺人を生むというあたりが「最後の灯り」を連想させます。

名人のネガティブさがなんとも救われませんね。
やはり良い作品だと思います。

小さいニヤリとくる部分が多い回だったというのもありますし。
加藤一二三さんに近い人が出てましたね(笑)
それに「便箋です。手紙を出すために使います」


ただ、将棋好きから見てみると少し残念。
二歩は一番多い反則ですが名人戦だからとか力んだからとかそういう理由では
そんな簡単に起こる反則ではないです。
それに将棋の対局部分は結構雑。


「ハチワンダイバー」よりはマシだった印象ですがもうちょっと指導が欲しかった。
「指し方を見れば棋力がわかる」と言われるぐらいなのでしょうがないですけどね。

でも、文句があってもなんだかんだ言って面白いのが「相棒」
次号も期待してます。

関連記事
相棒第三話「沈黙のカナリア」:感想
相棒Season7第二話「還流~悪意の不在」:感想
相棒 Season7 EP1「還流~密室の昏迷」感想
相棒第四話「隣室の女」:感想
相棒SEASON7EP5「顔のない女神」:感想

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

クリエイティブメディア vado:レビュー【ファーストインプレッション編】

自分がソニーのモノフェローズに届いた日、ちょうどこの「vado」というモノも
届いていました。
では、早速。

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら


1 vadoとは
vadoは、CREATIVE MEDIA社が送る、Youtubeなどへの投稿に適したお気楽ビデオカメラですね。
それこそ「ハンディカム」のようなママさんビデオカメラとは一線を画す、日常向けの
ビデオカメラと言えるでしょう。
DSC02679.jpg
シンプルなボタン体系で好感が持てます。
DSC02681.jpg
レンズには「2x Digital zoom f2.4」などと書かれていますが、意外に明るいレンズですね。
(参考 DSC-T20 f3.5 SO905iCS f2.8 明るいのがウリのDMC-LX3でさえf2)
DSC02683.jpg
このUSB端子は素晴らしいと思います。
専用端子持ちのカメラとは違い、利便性抜群。
DSC02689.jpg
電源ボタンは側面に配され、ポケットの中でも押しにくくなってますので電源を
間違えていれる心配なし。

2 画質
Youtubeに上げたので、どうぞ

画質は、動画共有サイトであれば必要十分の画質ですよ。
容量も2GBで1時間録れますし。こんなビデオで一時間撮ろうという猛者はいないでしょう(笑)

ただし、一部の色調に全体的に引っ張られていく傾向や
ダイナミックレンジが狭いのかセミナーの時のプレゼン文字が白飛びしていたり
ちょっとそういう用途には微妙でした。
2x DIGITAL ZOOMも、ズームすると画質劣化が顕著なので、同じく微妙。

美点を挙げていくと、まず暗部には結構強いです。恐らくf2.4のレンズのおかげでしょうね。
また、動きにもしっかりついていきます。30fpsでしっかり撮っているからですね。

画質は総合すると、Youtubeアップロードであればサイコーだが、
テレビなどで見たり画質を本格的に求めるのであれば向かない、というところでしょう。

3 操作性
DSC02688.jpg
決定ボタンで録画、もう一度押すと終了。
+でズーム、-でワイド。わかりやすさが素晴らしいですね。
この機種の操作がわからない人はそうそういないと思いますよ。

4 総評 
このビデオ、用途がドンピシャの人には素晴らしく良いと思います。
しかし、細かいところの詰めが甘いのが残念。
例えば、自立できない。例えばビエラ・ワンセグのような自立機構ができていれば、
例えばまわしっぱなしで録画するということもできたと思います。
個人的には割り切り具合とその値段に少し食指が伸びています^^:
あとはいくら動画を撮る機会があるかですよね。




このレビューを評価していただける方は、こちらから。

みんぽす

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

今日はお休み

明日ごろにはtypeTが届くので、そのレビューを書きます。
届かなかったときは、vadoで撮影した動画をUploadします。

・・・今日は、具合が悪くて半日潰したので勘弁してくださいorz
「毎日更新」難しいですね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ソニーVAIOからネットブックは出るのか?~VAIO TT70:セミナーレビュー②


みんぽす
前回に引き続き、VAIOセミナーの話です。

質問の時間があったのですが、「VAIOがネットブックを出す意向があるのか?」という質問が
あったのでほぼ前文明記します。
個人的にはこれに一番興味があったので。
ただし、様々な事情もありますので会社方針と違っていたとしても会社方針が正解ですので、
悪しからず。
ちなみに回答していただいたのはTypeTを開発されたプロジェクトマネージャー鈴木雅彦さんです。

A:当然、いろんな人が同じ質問をされるんですけども、
我々が目的としているものは、「楽しめるパソコン」なんじゃないかなと。
ネットブックが今持っている能力で、それを満たすかというと、まだ満たしていない。
だから今は出さない。
ただこの先の環境ってわからないので、飛躍的に能力を上げて来る可能性もありますし、
あるいはネットブックの存在感は文房具だっていう風に、マーケットが判断する可能性も。
そのときに、我々が文房具を作るのも、まあアリはアリ。
VAIOは逆に言うとお客様がそれに期待していますか?
多分今は期待していない。
・・・と、我々は思っているので、すぐには出しません。
すぐには出しませんし永遠にださないかもしれません(笑)
ですので、だから注目はしてます、当然。
当然いろいろ調べ物はしてます。
でも、VAIOのネットブックっていうのが、商品としてアリかっていうのはまた別の話。
(ここ上手く聞き取れず、ゴメンナサイ)~しています」

要するに要点をまとめると、
・ネットブックはVAIOの目的を満たさないので出さない。
・ユーザーの期待をネットブックでは満たせないのですぐには出さない。
・ネットブックに注目はしている。

短期的には期待できませんが、Atomがもしさらに性能を上げてくるようなら期待できるのかな?
ちなみにAppleの方のコメント

新MacBookの魅力をAppleフィル・シラー上席副社長が語る
~「Appleにとって、500ドルノートの投入はあり得ない」

-- PC市場では、500ドル程度の低価格ノートPC、いわゆるネットブックが売れ行きを伸ばしています。Appleは、この市場をどう見ていますか。

シラー氏 500ドル程度のノートPCは、価格を安く抑えることを優先しているため、メーカーの勝手な判断で、この機能はいらないからといって削除したり、技術面で妥協をして、スペックを落とすといったことが行なわれています。本来、提供しなくてはならない機能までカットしています。ユーザーのなかには、支払ったお金に対して、より多くの価値を求める人が多くいます。いまは、この機能だけでいいが、数年後には、こんな使い方をしたいという機能も必要なのです。

 例えば、購入時点では、ウェブサーフインをしたり、メールをしたりといったことでいいが、6カ月後には、学校に提出するレポートを書きたい、デジタルフォトを扱いたい、そして、1年後にはビデオ編集をやりたいということも出てくるでしょう。そのときに、5万円のPCでは、こうした使い方をサポートすることができない。Macには、たくさんのイノベーションが詰め込まれており、将来的に必要になるであろうというものまでも含めて提供しています。我々が自信を持って、みなさんに提供できる製品、あるいは、お客様に満足してもらえる製品を実現するには、いまのところ、とても5万円では作れない。ですから、Appleが5万円のノートPCを投入するということは、現時点ではないといえます。



基本的にAppleとソニーは静観、ということでしょうか。

テーマ : VAIO
ジャンル : コンピュータ

製品に対する「想い」が感じられるセミナー~VAIO 新typeT(VGN-TT70B:レビュー)

DSC00029.jpg

みんぽす
今日は、ソニーマーケティング本社にに行き、初めてモノフェローズセミナーを体感してきました。
初めて、しかも年齢差が離れていることが確実ということもあり、かなり緊張。

ですが、まあ・・・なんとか集合できました。

今日VAIOの紹介をしてくださったのは、主に
DSC02644.jpg
この方、鈴木雅彦さんです。VAIOtypeTのプロジェクトマネージャーで、
「ソニーの頭脳」と呼ばれている方だそう。
DSC00030.jpg
DSC00031.jpg
過去の機種との比較の中で、typeTの性格を見ることができました。
(写真が黄ばんでいるのは携帯写真の限界です。スイマセン。)

やはり、今回のシリーズで目指していたのは「ブルーレイ」を再生できるVAIO、
ありていに言うと「ブルーレイウォークマン」なのだとか。
DSC02645.jpg
ちなみに展示室には過去のVAIOがズラリ。
505からX505、そしてTZ、TTまでの軌跡を一望することができました。
505とほぼ同じサイズで倍のバッテリーセル、BDドライブ等々を詰め込むことができたのに感動!
DSC02655.jpg

ここでさらに感じたのは、どれだけソニーの開発者が細かいところに気を遣うかということ。
アンテナの中身、ちょっとしたフタ・・・そのような細かいところにまで気を配る、
まさにtypeTは他の会社のビジネスPCとは違う「エンターテイメントPC」なのだな

ということを肌で感じることができました。

そしてそれをなんとしてでも行う、その熱意。それも素晴らしいですね。
DSC02652.jpg
こういう小さな部品にもしっかり色塗り。
趣味で買うPCだからこそ大事なんでしょうね。

DSC02672.jpg
この二つの天板の色の違い、わかりますか?
右の色では納得できず、左の色にしたそうです。

ブルーレイも体感できました。
「スパイダーマン3」で試したんですが、高精細です。
これまでのYoutube画質なんて、なんだったんだ、という感じです。
DVDでさえ霞みます。
細かい砂の表現、色乗り、絶賛せざるを得ないできでした。

もちろん、この機種はネットブック全盛の中、それの反動かのような高級仕様で高いです。
しかし、高いには高いなりの理由があることがわかりました。
これはネットブックとは別物、ということが実感できるセミナーでしたね。

この記事を評価していただける方はこちらから





関連記事
省スペースへのコダワリが感じられる低価格PC-VAIO typeJ:レビュー
VAIO 新型typeR

テーマ : VAIO
ジャンル : コンピュータ

P-01Aの写真

P1010001_20081120232537.jpg
都内某所の量販店でP-01Aを使って撮らせて頂きました。
母の携帯を購入検討中でしたので。
「撮って写真の画質を見たいので写真を撮らせていただけませんか?」ということで。
なかなかノイズが少なく細部の描写も綺麗です。
細かいことを言うとキリが無いですが、これだけ撮れれば十分では?

テーマ : DOCOMO
ジャンル : 携帯電話・PHS

相棒SEASON7EP5「顔のない女神」:感想

・・・最近デジモノ関連の記事がかけません。
プライベートでデジモノを購入する機会が少ないですし、プライベートが少し忙しくなりつつある
というのもあります。
ま、そうはいっても学生なので人並み程度ですが^^:
TypeT(ソニー)のセミナーにも参加しますし。

で、今日も相棒を視聴。
二重のトリックを挟むところが流石の相棒クオリティ。

さりげない課長のリハーサルまでトリック破りに使われるとは、
こういうムダの無さが推理ドラマとしての必須条件なんでしょうね。
ストッキングを首に巻くという奇策には少し笑いました(笑)



しかしこんなところから亀山が卒業するなんて考えられないなあ・・・。
あの二人で無くなったら「相棒」は「相棒」ではないではないですか。
殉死だけはやめて欲しいなあ・・・。

次は将棋の話だそうで、将棋は昔取った杵柄なので非常に楽しみ。
是非右京さんと一局、だなんて冗談ですが^^;

関連記事
相棒第三話「沈黙のカナリア」:感想
相棒Season7第二話「還流~悪意の不在」:感想
相棒 Season7 EP1「還流~密室の昏迷」感想
相棒第四話「隣室の女」:感想

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チームバチスタの栄光」に見るメディアミックスの弱点

こんな大仰な題名をつけておいてあれですが、ただ単に所感を並び立てるだけです。
あしからず。

チームバチスタの栄光、というか海堂尊さんの作品は大ファンで、
田口・白鳥三部作(バチスタ・ナイチン・凱旋)は全て読破し、それ以外では「ひかりの剣」、
さらに桜宮碧翠院病院の話も持っています。

今回ドラマ化ということで、しっかり見ています。

そこでドラマと小説を見ると、やはり大幅な脚色が加えられていますね。
なにがって、一話一話に区切っている影響で、一話ごとに強引に見せ場、感動を
作っている感じがあります。
(具体的には酒井・垣内両先生の信頼関係など)
バチスタメンバーの内面を描き出して見せ場を作ろうとしているんですね。

一方小説では一区切りごとに読む人も少ないので、一つのストーリーが一貫しています。

そのせいでどうもドラマ版はピンと来ない。感動を誘うためか主人公の田口先生も感情家になっているし。
もっと達観したイメージがあったんですけどね。
桐生先生もわざと変化を出すために最初の性格を悪く見せたんでしょう。

やはりそうしてしまったせいでストーリーの中核がボケてしまい、
「チーム・バチスタにおきた連続殺人事件」というテーマがボケてしまい、見事に「ピンボケ」している状況ではないかと思っています。
犯人を捜すドラマで、その犯人かもしれない人の感動ドラマを同時進行してもしょうがないのでは?

テーマ : チーム・バチスタの栄光
ジャンル : テレビ・ラジオ

DQM日記②

やはり今日もDQMに勤しんでいます。
現在のパーティはさらに強化され「キングレオ アンドレアル ゴールデンゴーレム」になってます。
キングレオは頼れる回復役でありながら攻撃にも重要な役割を果たす司令塔。
アンドレアル、ゴールデンゴーレムは強力な息攻撃を使い、敵を全体攻撃で圧倒します。

配合はやっぱり面白い!
GBとテリーを押入れにいると思います。是非、やってみてください!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

レトロゲームにはまる今日この頃

発掘してしまった「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」と「GBC」で
最近猿のようにこれをやってます。
久しぶりにやるとすごく楽しいです。

配合も記憶を辿りつつ・・・
今はEクラスをクリアし
スカイドラゴン ゴーレム グリズリーの三匹体制で進んでます。
将来的にはゴーレム*グリズリーでキラーマシン、スライムファング*獣でユニコーンを作り、
スカイドラゴン*バザーの扉のあくまのきしでコアトルでもつくろうかなと思ってます。
ホークブリザードもできたので、今は配合が凄く楽しい時期です。

・・・あれ、こんなことしてる場合じゃない?(笑)

typeTとD90のモノフェローズセミナーに参加希望を出しました。
上手く借りられそうです。
今はレビュー少ないですが、お楽しみに!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

普通の日記

プラチナ大暴落で半値 「いまが買い」と個人が殺到(08年11月)
プラチナ28年ぶりの高値 価格高騰が止まらない(08年1月)
たまには普段ブログで言っていないことも。
本当に諸行無常ですね。いまやガソリンも東京では120円台。
目先の高値に惑わされることほど悪いことはありません。

アイスランド、イギリスも金融立国でもてはやされましたが破綻しました。
あれほど賞賛された「ウィンブルドン現象」が裏目に出ています。
日本も20年前あれほどもてはやされた制度が昨今「ガラパゴス」と言われ
変革を迫られていましたね。

プラチナ大暴落で半値 「いまが買い」と個人が殺到
プラチナの価格が急落し、2008年3月に付けた7500円台から半値にまで下がっている。田中貴金属工業によると、11月14日のプラチナの小売価格は 1グラムあたり2907円。前日比197円高と反発したが、直近1か月では10月28日に2599円の最安値を付けた以降も3000円を境にうろついている。その一方で、プラチナに対する投資需要は急激な盛り上がりをみせる。同社が10月に、個人向けに販売したプラチナ地金の販売量は過去最高を記録。個人が「買い」に殺到した。1グラム7000円台が3000円台 10月のプラチナの平均価格は1グラム3058円。月間の平均価格が3000円台になったのは2005年以来という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000000-jct-bus_all




個人的なつぶやきですが、
生徒会選挙でも落選したし、さあこれからどうしたものかな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

SDP-708:レビュー この機種を使っていて不満な点

前のレビュー
高画質のデジタルフォトフレーム~SDP-708レビュー
Vredefort・SDP-708レビュー② 【動画変換・再生編】
Vredefort SDP-708レビュー③ 音楽再生編+α
SDP-708レビュー最終回「デジタル写真の逆襲」

この機種を使用していると、やはり気になる点が出てきます。

そういう点を説明したいと思います。

1 液晶の映りこみ
DSC00020_20081114222050.jpg
フラッシュが派手に映っていますよね。これは普通に部屋に置いていても同様です。

デジタルフォトフレームには共通する傾向ですが、軽減して欲しい部分ではあります
2 汚れやすさ
DSC00021_20081114223309.jpg
裏の材質が汚れに弱く汚れがしみっぽくなって消えません。
塗り薬を手につけたままそれに触った自分も悪いですが^^:、これは目立ちすぎ。
3 視野角
DSC00022-1.jpg
あと、下から見ると視野角も実は狭い。
いつか視野角が広いと書きましたが、それは横からの話。


テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

ソニー世界初、有効1225万画素の携帯電話向けCMOSセンサー


世界初(*1) 、業界最多(*1)の有効1225万画素
携帯電話向けCMOSイメージセンサー“Exmor”を商品化


ソニーが、携帯電話でははじめての1200万画素CMOSセンサーを商品化したようですね。
感度は90mV、飽和信号量が280mVみたいです。
ちなみに、調べるところによると、飽和信号量というのは大きいほどダイナミックレンジが広くなり、
白飛びが防がれるようです。

とりあえず比較対象を。
シャープ、1/2.5型の800万画素CCDを製品化
で感度が100mVなので、それほど従来に比べてノイズは増さないかな。

APS-Cサイズで業界最多の有効1247万画素を実現、
デジタル一眼レフカメラ向けCMOSイメージセンサーを製品化

列並列A/D変換方式 高速・高画質 APSサイズ
民生向けデジタルスチルカメラ用CMOSセンサ

飽和信号量は1100mV感度500mV、やはりこうして数字で見ると一眼レフの別格さが
よくわかりますね。

昔のセンサーとも比べてみましょう
携帯機器向け 2メガピクセルCMOSセンサ

感度220mV、飽和信号量550mV・・・
これは、携帯電話のセンサーがどんどん退化していることの証左でしょうね。
その分をソフトの進化で補っているのでしょうか。

この機種も、厳しい飽和信号量をDレンジ拡大で補うでしょう。
もしかすると次のサイバーショットケータイは、「Dレンジオプティマイザー」を載せてくるかもですね。

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

相棒第四話「隣室の女」:感想

どうも、最近眠くて・・・
昨日の記事も書いた記憶が無いので、ちょっとアブナイかもしれません(汗)

で、その眠い目をこすって見た今日の「相棒」

これですよ、これ!!

自分が観たかったのはこんな相棒だったんですよ!
社会派ドラマもいいです、でも・・・

やっぱり相棒はミステリーでしょ!

謎が謎を呼ぶ展開、明かされる意外な真実、振り返るとあった伏線・・・
いや、相棒の真髄ここにありですね。

強いて言うとすれば、音楽が多少選曲に違和感を感じることがありました。
これは例の「teamK」のせいかな?でもこれまでは違和感を感じなかったんですよね。

捜査一課の出番が少なかったのも残念。
いたみさん今日は最初だけですからね。

あとは、地味に課長が特命の二人の報告を命じられてるのが面白かった(笑)
今日は大木と小松のリアクションも多かったですしね。

関連記事
相棒第三話「沈黙のカナリア」:感想
相棒Season7第二話「還流~悪意の不在」:感想
相棒 Season7 EP1「還流~密室の昏迷」感想

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

VAIO 新「type T」(VGN-TT90S)

ここ最近、DZ-BD10Hがアクシデントで届かなかったり、即貸し商品を断られたりとんと
ご無沙汰だった「モノフェローズ制度」。しかし、今度モノフェローズセミナーにはじめて行くことに
しました!
モノフェローズのメーカーはそう、あのメーカー。「ソニー」です。


題名の通り機種はもちろん「typeT」。

モバイルAVノートとして呼び声高いこの機種、是非試してみたいと思います。

テーマ : VAIO
ジャンル : コンピュータ

MHP2G+D端子ケーブル+BRAVIAで夢心地

最近、久しぶりに投げ出した「モンハン」を進めています。
「フルフル」とかいう電撃を操るドラゴンを倒せずに壁にぶつかってますけど^^:

で、そのモンハンを家のBRAVIAで表示したところ、
いや、実に迫力があります。これは素晴らしいです。

そして、画質もさることながら音質も凄い。
「Dolby PROLOGICⅡ」と「S-FORCE Front Surround」の威力でしょうか。
Virtualですが気分は5.1chです。

絶対にMHPユーザーならD端子ケーブルを買わないと「もったいない」です。

関連記事
【PSP-3000:レビュー】使いやすさとスタイリッシュを両立させたマイチェン
PSPの映像をD端子で外部出力!
PSPをD端子で画像出力②
PSP-2000MB・開梱レビュー

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

ICD-UX70レビュー②:MP3再生の音質は?

最近夜に書いた記事を見直して「あれ、こんなこと書いたっけ?」と思うことが良くあります。
やっぱり眠いなか書くのは良くないですね。^^:
で、今日は衝動買いしてしまったICD-UX70の性能、音楽再生について見ていきます。
DSC00013-1.jpg
NW-A916と比較します。
使用するイヤフォンは、付属のイヤフォンで。
DSC00011.jpg

では、NW-A916から。

① NW-A916
よく言えば、透明感のある音調。悪く言えばおとなしすぎる。
さすがに音質の高さで名高いA916もこのイヤフォンでは厳しいですね・・・。
クリアオーディオテクノロジーのおかげか、結構クリアな音質でしたけど。
② ICD-UX70
典型的なドンシャリ?
低音が気持ちよく響いているが正直低音に引っ張られて高音が感じられない。
見栄えはいいがBGMには向かないでしょうね。

もうちょっといいイヤフォンを使えば別でしょうが、両方とも微妙な音質でした。
個人的にはA916のほうが好みです。

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

近頃拍手のあった記事一覧

至って無難なアップデート~Walkman NW-S739F:レビュー
:何故か史上最高数の拍手を獲得
SDP-708レビュー最終回「デジタル写真の逆襲」
:今でも検索で飛んでくる人が多いです。
NW-A916 レビュー ワンセグ編
:最初のほうに書いた記事です。今見ると不慣れな感じで写真もはみ出してますけど^^:
WALKMAN ダイレクトレコーディングケーブル WMC-NWR1:レビュー
:これも最初のほうに書いた記事。結構地味に人を集めてます。
学習リモコン「RM-PL400D」:レビュー
知り合いから「リモコンでレビュー書くか?」といわれた記事。
SO905iCS フォトサンプル③
:写真シリーズはたまに拍手が来ます。
無くなってわかる有難さ~GA-8400GSレビュー③~
:初めてモノフェローズで借りた機種です。懐かしい・・。
横浜スタジアムへ&ロケーションアンプを試してみた
:これに拍手が来るのは意外でした。
「リラックスお風呂端末」 ビエラ・ワンセグ SV-ME70レビューまとめ
:これもモノフェローズでレビューした機種ですね。


上が前回掲載された記事です。
相棒 Season7 EP1「還流~密室の昏迷」感想
【PSP-3000:レビュー】使いやすさとスタイリッシュを両立させたマイチェン

【XDV-W600:レビュー】実用性高きワンセグTV

ソニーの新「お風呂・ワンセグ」XDV-W600を見てきました。
DSC02583.jpg
丸みを帯びつつしっかりとホールディングできる本体、デザイン性より実用性でしょうか。
DSC02585.jpg
ボタンもはっきり実用性重視
「Back」ではなく「戻る」、というように日本語表記ですね。
ダイヤル選局も直感的。
DSC02586.jpg
DSC02587.jpg
BRAVIAのロゴは全然いやらしくなく「SO906i」のような邪魔ッけなロゴではないです。
DSC025588.jpg
おお、注意書きがシールで書いてある!
これはいいですね。剥がせるのはうれしいです。
DSC02589.jpg
設定メニューは、「ビエラ・ワンセグ」と比べるとオーディオ的で、初心者にわかりにくく
ある程度理解している方にはカスタマイズしやすくなっています。

画質は、やはりワンセグ。
多少色鮮やかでしたが、粗さは感じます。

インターフェースは特に言うことはありません。
ただ、番組表はワンセグの仕様のせいで10時間後ぐらいまでしか表示できません。
これが良くないので、無線LAN対応などでiEPGから取得できれば・・・と思うんですがね。

今回この機種を見て一番魅力なのは乾電池対応ですね、やはり。
AM/FMラジオとワンセグ、防水に乾電池となれば完全に被災地向けワンセグではないですか。

個人的にはSV-ME70などより完全に「外向け」への未練を捨てきっていて、
好感が持てました。
ここまで実用性の高いワンセグはいままでになかったのではないでしょうか。



この記事を評価していただける方はこちら。

関連記事
         薄い・粗い・でかい ビエラ・ワンセグ SV-ME70:開梱編
          お風呂テレビに特化 【SV-ME70:レビュー】
          お風呂テレビはフォトフレームになるか?ビエラ・ワンセグSV-ME70レビュー③
           「リラックスお風呂端末」 ビエラ・ワンセグ SV-ME70レビューまとめ

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

Docomo2008年冬モデルについて

Docomoがついに2008年冬モデルを発表しましたね。
ドコモ、2008年冬モデル22機種発表──新型番で新たな4シリーズ展開 (1/2)
PRIME
STYLE
SMART
PROの4シリーズで展開するそうですね。しかし、実際問題「PRO」はこれまで「F1100」などのように
別枠だったわけで、今から別枠になったわけではありません。
「SMART」はただの「μ」シリーズが名前を変えただけでしょう。

そういう意味では、むしろ機種の定義を狭める結果になり、開発に悪影響を及ぼさないか心配です。

家庭では「SH-01A」が購入される予定。そのときにはレビューします。
8Mなんて本当にいるの?という感じですがCyber-Shotケータイと画質を比較していきながら
考えていきます。

「STYLE」シリーズでさえ凄まじいスペック向上に晒されていますね~。

でもこれなら十分「OMNIA」や「Nokia」を発表して勢いに乗るソフトバンクに比肩する性能ですね。

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

相棒第三話「沈黙のカナリア」:感想

今日も「相棒」見ました。

最初は後藤がやっていたのかと思っていました。
その裏をかく上手さはさすがに「相棒」ですね。
なんともやりきれない悲しい話。「最後の灯り」と同じ臭いがします。
これまで劇場版から「還流」にかけて大きく社会派ドラマに傾斜していたんで安心。

「復讐のための人生で、あなたは満足でしたか?」
このセリフは良かったですね。

それにしても後藤かわいそう(笑)
中村さんに死なれた挙句に犯行を疑われ、挙句に無実なのに。

松中さんの心中は察するにあまりあるものがあります。
金で父の死を穢され、そして村八分にされ母が死んだのでしょう。
確かに復讐に生きるようになっても無理はない。

これに日雇い派遣を絡めてきたのは中々面白いチョイスだと思いました。
プリンターのくだりも良かったです。レーザーとインクジェットの違いとは・・・。

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

音質の違いはどうなんだ?~エクストラベースMDR-XB700・XB40EX:レビュー

ソニービルで、新しくPSP用のイヤフォンをEX85SLから買い換えるべきか、
噂のエクストラベースを見に行きました。
そのときの実感等々を・・・。

1 MDR-XB700・300
DSC02594.jpg
DSC02596.jpg
上が300で、下が700です。これからもそれで行きたいと思います。
装着感は上々。ウレタンがいいですね。
DSC02595.jpg
DSC02597.jpg
大きさはまあまあ。個人的にはNC500Dのほうがスマートに思ったの
でそれぐらい小さいといいですが。

で、肝心の音質ですが・・・。
下位モデルの場合遮音性が低い!
どうしようもないのかもしれませんがこれでは低音の威力も半減です。
上位モデルは逆にズンズン響いてきて、さすがエクストラベース!
と感心しました。

やはり値段相応ですね。

・MDR-XB40EX
DSC02592.jpg
インナーイヤーのほうは何よりこのデザインが好みです。
質感も必要十分。
DSC02593.jpg
そっと良く見るとハイブリットイヤーピースが覗いているのがいいですね。
装着感は結構しっかりしていて、個人的印象ですが遮音性もありそうです。

肝心の音質ですが、?でした。
あまりMDR-NC022Aと差が感じられない・・・。
糞耳のせいかもしれませんが、EX85SLやNC022Aとはそれほど大きな差が無いように思いました。

このレビューを評価していただける方はこちらから

関連記事
【MDR-EX300SL:レビュー】着実な音質向上が見られる中級モデル
MDR-NC500D:レビュー
MDR-DS7000:レビュー サラウンド感最高

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

進化はしない、無難な新機種。~au W64Sレビュー

auの秋冬モデル「W64S」を触ってきました。
GSMローミング対応のグローバルWINがワンセグを搭載――「W64S」

機種としては、W62SのGSM機能と、W63S(re)の性能を併せ持つモデルとなっていますが、
どうなんでしょう。

DSC02604.jpg
まずは裏面から。なんの変哲もありませんね。
個人的にはレンズ部分が丸見えなのは指紋が付いて嫌なので是非レンズカバーが欲しいです。
DSC02603.jpg
その分表は超個性的。鏡みたいに照り返しが激しいです。
そしてずらすと美しい模様が浮かび上がります。

その分指紋は恐ろしく激しい^^:
DSC02602.jpg
でもスペック的には他社と比べるとキツイですね。
他社では当たり前のVGA非対応、他社のハイエンドと比べると小さい画面、・・・
レスポンスも標準メニューですらもたつきました。
(どうやらW64SはKCPなようです。指摘していただいた方感謝)
SO905iCSより遅いなんて・・・。
電源ON・OFFは意外とすばやかったです。

最後に、カメラ機能を見てみます。
SN3G0006
SN3G0006 posted by (C)sonyfun
SN3G0001
SN3G0001 posted by (C)sonyfun
カメラも特に問題はありませんが、やっぱり携帯ですね。
マクロもキリッとしまりませんし、普通に撮ってもどことなくボヤけます。
SN3D0003.jpg

同じ被写体ではありませんが、W61Sのものを一つ。

こういうレベルのものを見てしまうと、普通の携帯では満足できないんですよね・・・。

最後に思うのは、やはりau自体の勢いの無さが直接末端の機種に響いてきているということ
ですよねぇ・・・。
完全にMNPで勢いに乗っていた頃はもっとスペックでもDocomoを圧倒していましたから。
いまやDocomo夏モデルと比べても負けていますよ。

スペックのことを一々言っても仕方ないですが使い心地ですら悪化してますし。
それほどスペックに欠陥がある機種だとは思いません。
でも、この指紋のつき方といいこのスペックといいどこか「ズレた」機種であることは否めないと
思います。GSM搭載、というウリにしてもそうです。

auの落ち目さは他のブロガーさんもコメントしていますので自分がコメントするまでも
ないこととは思いますが。
「冬モデルを見れば、われわれが考えていることが分かる」


このレビューを評価していただける方はこちらから。

関連記事
SO905iCSは最強のコミュニケーションツール
W61SH携帯写真サンプル
W61S、驚異のスーパーマクロ性能!
P-01Aのカメラ機能をチェック!【P-01A:レビュー】
カメラ機能はどうなの?-Walkman Phone Premier3:カメラレビュー
N-01A、F-01A vsP-02A、F-03A!PRIMEvsSTYLE接写画像レビュー
SH-03A:ファーストインプレッション

テーマ : au
ジャンル : 携帯電話・PHS

はやっ。~SONY ICD-UX70:レビュー

やまーだやまやまやまやまだ
やまだのやすさにたまげたよ
でんでんでんきはやーまやーまだ♪
先日、池袋に遊びに行ったのは先述の通りですが、そこで流れてきたのが
この悪魔の音楽。
ホイホイ付いていくとそこに置いてあったのはいつかは買おうと思っていた「ICD-UX70」
価格.comの最安値は1万程度、後継機のUX71もほぼ同じ。
値札を見ると「5980円」
気が付いたらカバンの中にICD-UX70の箱がLABIのビニールと共にぶちこまれておりましたとさ。

・・・だって、そこにデジモノがあるからさ(爆)

とりあえず外箱から見ていきましょう。
DSC02608.jpg
WALKMANと共通化されているんですね。外箱。
DSC02610.jpg
付属品一覧。貧弱そうながらイヤーフォンやケースまで付属しています。
DSC02612.jpg
かなりちっちゃいです。
WALKMANと比べてもこの通り。
DSC02613.jpg
DSC02615.jpg
しかしながらボタンの剛性はしっかり確保されていて頼もしい限り。
DSC02619.jpg
ダイレクトUSB機能が搭載されています。なので、速さを見てみました。

Sequential Read : 57.905 MB/s
Sequential Write : 41.419 MB/s
Random Read 512KB : 20.279 MB/s
Random Write 512KB : 35.159 MB/s
Random Read 4KB : 0.411 MB/s
Random Write 4KB : 1.278 MB/s

Test Size : 50 MB
Date : 2008/11/01 23:29:59


はやっ。
microSDがSequential Readでせいぜい5MBしか出ないのを考えると、驚異的数値です。
UDMA対応の300倍速CFカードを使ったら幸せになれるの?
の300倍速CFより早い。これは高速USBメモリとしても利用できますね。

そう考えると、この機種はUSBメモリ、MP3、ICレコを搭載しているビジネスマンの必需品と
言えるんじゃないでしょうか?しかも電源は乾電池ですし。
次回は本格的に中身を見てみます。

この記事を評価していただける方はこちら

関連記事
至って無難なアップデート~Walkman NW-S739F:レビュー

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

今日の写真【SO905iCS】

DSC00357
DSC00357 posted by (C)sonyfun
DSC00358
DSC00358 posted by (C)sonyfun
DSC00360
DSC00360 posted by (C)sonyfun

今日は、所用で池袋に行ってきました。
凄いですね、池袋は。家電量販店で溢れています。
ビックvsヤマダの総力戦という感じです。両店舗ともに安かった・・。
去年のミシュラン風に言うなら
「秋葉原も新宿も、忘れてしまえ。家電の本場は池袋なのだ。」

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。