スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P903iTV→P-01Aでワンセグはどこまで進歩したか?

昨日、この記事を書こうとしたら、腹痛に襲われてダウンしてしまいました^^:
医者に診てもらったら、どうもノロウィルスかそれに類するものらしい、とのこと。
とほほ・・・という感じですねえ。テストが終わったらこれなので。

さて、本題ですが。
P903iTVという機種を私は前使っていました。
発売当時はDocomoで珍しいワンセグ搭載機で、合成ダイパーシティによる高受信感度、
スタミナワンセグ視聴、モバイルPEAKSプロセッサー採用が謳われていました。

それから2年余りが経過し、ワンセグはどこまで進化したのか?
P-01Aは903iTVでの機能に加え「モバイルWスピード」「モバイルWコントラストAI」でさらなる
高画質を実現しています。

DSC_0191.jpg
DSC_0192.jpg

目を凝らして、両者の映像を見比べました。
まず感じたのは、色の違い。
P903iTVではかなりコッテリとしていて白色が白でなかったのが、
P-01Aでは白になっています。

・・・それ以外では、どうでしょう。あまり個人的には違いが見出せませんでした。
確かに、理屈では高画質になっているんでしょうが、そこまで違いが無いというのが実際です。
ですが、ワンセグのQVGAをP-01AのFWVGAにスケーリングするのも大変だと思うので、
画質が互角というのだけでも頑張っているのかなあ、と。
(P903iTVはQVGAをWQVGAに引き伸ばしている、P-01AはFWVGAなのでワンセグを
4倍の情報量に見せていることになる)

しかし、かつてあれほど効果の違いが見えたP903iTVの合成ダイパーシティが、
いまや非搭載のP-01Aとほぼ同じ感度しかないのにもオドロキました。
DSC_0194_20090616013748.jpg
DSC_0193_20090616013747.jpg
(上が903、下が01)

DSC_0196_20090616013847.jpg
DSC_0195.jpg
ソフト面、使い勝手は練りこまれてより使いやすくなってます。
ワンセグTVとしてはやっぱり現行のほうが進歩していますね。
スポンサーサイト

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

SV-ME70を買うべきでない3つの理由と買いである3つの理由

関連モノフェローズ記事
[製品レビュー]ポータブルワンセグテレビ Panasonic ビエラ・ワンセグ SV-ME70をレビュー【基本編】
[製品レビュー]ポータブルワンセグテレビ Panasonic ビエラ・ワンセグ SV-ME70をレビュー【音楽再生編】
[製品レビュー]ポータブルワンセグテレビ Panasonic ビエラ・ワンセグ SV-ME70をレビュー【スライドショー編】
同じ製品をレビューしているほかの方のレビュー。視点が違うので参考になることうけあいです。

では早速行きます。
これまでのレビュー記事とは違い、今回はSV-ME70が「買いではない」とする理由と、
「買いである」とする理由を羅列する形式でまとめて行きます。
これは、いつぞやのT700のレビューで味をしめたからですけど^^:
(ソニービルでの雑感なのにみんぽすで26pt獲得。本当にポイントくれる方には感謝。)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら






まず、買いである理由から行きます。

①使用シーンの広がり
たしかにこの機種、一見すると機能的に劣るものではあります。
フォトフレームになるとはいえ本職のフォトフレームには敵いません。ワンセグだって画質的には
携帯電話に一歩譲ってしまいます。
しかし、防水+バッテリ駆動という付加価値が、本職を凌ぐ便利さを生み出します。
DSC00172_20080920192853.jpg
上のように本職のフォトフレームではどうしてもAC駆動を余儀なくされます。
AC電源が確保できない場所ではどうしても置けませんし、テーブルの上などでも
ケーブルが邪魔する場合があります。

しかし、SV-ME70では
DSC00121.jpg
上のようにキッチン、お風呂などでも設置できます。
さらにここで音楽機能が生きてくるでしょう。
DSC00174.jpg
楽しく音楽を聴きながら風呂に入り、写真を見てリラックスできます。
これが、VIERA・ワンセグの得意技。
このように、「防水」機能は大きなアドバンテージであり、こういうことを考えれば決して
SDP-708に見劣りしません。

② 5Vの大画面、ステレオスピーカーというハイスペック
DSC02264.jpg
ご覧のように、NW-A916+SRS-NWT10(2.4inch+モノラル)と比べると、歴然たる大きさの
差があります。
これが様々な映像の迫力の差となり、満足度にもなるのです。
そしていっぱしにもステレオスピーカーを装備。その品格はテレビを思わせるでしょう。

③ デザイン
DSC02266.jpg
操作性を重視したスティックに加えてテレビを彷彿とさせるデザインです。
しっかりと裏面には足となる部分も装備されており、テレビとして本体だけで自立させることも可能。
満足感と便利さを両立させたカタチですね。
DSC00053.jpg
DSC00055.jpg

では、次は買いではないとする理由を。

① コンセプト倒れ

何がコンセプト倒れかって、そもそもお風呂でワンセグが受信できないんです。
「お風呂テレビ」がこれではいけない。
DSC00060.jpg
もちろん、位置を調整したりすればなんとか見れないこともありませんが、
テレビに人間が合わせてるようでは快適とは言いがたいですね。

② 基本性能の欠落
DSC00157.jpg
他の映像機器に比べ、明らかに画質が劣っているのがわかるでしょうか。
5Vの大画面、ステレオスピーカー・・・高いカタログスペックを備えていながら、
基本性能が欠落しているのが、SV-ME70です。
音も、かなり音割れが深刻でXJAPANの「Rusty Nail」やポルノグラフィティの「アポロ」で
その音割れが確認できました。

ステレオをモノラルにしてでも、もっと高品質な音質が必要だと思いますし、
映像にしても同様です。

③ デザイン

書き間違えたわけではないです。
これは、「買うべき理由」とは違う観点からの主張でして・・・。
DSC02267.jpg
裏面を見ればよくわかりますが、これは「ポータブル機器」としてのデザインではないです。
バッテリーが出っ張っているし、注意書きや型番表示が美しくない。
もちろん、安全性を重視する「パナソニックらしさ」はわかりますけどこれではハリボテ感があります。

そこに、「ポータブル無視」を感じてしまうのです。

まとめ
決して個人的にSV-ME70に関して否定的なわけではないです。
ただし、コンセプトに機能が追いついていない現状に歯がゆさを感じています。
せめて画質音質がもっと良ければ・・。

この記事を評価していただける方は、こちら

モノフェローズ記事
典型的なPC環境の製品(GA-8400GS:レビュー)
「リラックスお風呂端末」 ビエラ・ワンセグ SV-ME70レビューまとめ

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

「リラックスお風呂端末」 ビエラ・ワンセグ SV-ME70レビューまとめ

この機種が届いてから少し経ちました。
「使用感」というものがようやく分かってきたので、ここで一区切りをつけたいと思います。

前回のレビュー:薄い・粗い・でかい ビエラ・ワンセグ SV-ME70:開梱編
          お風呂テレビに特化 【SV-ME70:レビュー】
          お風呂テレビはフォトフレームになるか?ビエラ・ワンセグSV-ME70レビュー③

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら



▼この機種の○×
このビエラ・ワンセグSV-ME70は、防水性能と、5Vの大画面ワンセグ性能を誇っている。
さらに、フォトフレームとしても使用でき、音楽も再生できる。

一方で、お風呂でワンセグ受信できるかと言えば怪しいし、はっきりいって5Vで480*272は粗いし、
その他性能も一定水準には達していない。
DSC00145.jpg
上の映像を見てもらえばわかるが、確実にSV-ME70は同じようなドットピッチで
4年前から変わっていない液晶を採用しているPSPにすら劣る。
色が下品な色使いなのだ。ベタッとしていてフォーカスが甘い。
かつぽん’sワンセグバトル!ファイッ♪【XDV-D500・他機種との比較編】(明日は明日の風が吹く かつぽんさん)

PSPは・・・いい加減厳しいなぁσ(^◇^;)
液晶に関しては技術進歩がメッチャ速いので
基本設計の古さがどうしても顔を出してきます。。。


ちなみに、PSPと同じ解像度でありながら、PSPのような番組と番組表の同時表示ができない。

そのあたりがこの機種の欠点だろう。
防水×ワンセグでお風呂テレビを狙おうとしても、お風呂でワンセグが受信できなければ何の意味も無い。製品の付加価値が上手くリンクしていないのだ。

▼この製品の魅力
DSC00123_20080916155350.jpg

私は、この機種を使ってお風呂で音楽を聴きながらスライドショーを流している。
画質、音質が劣っていても、お気に入りの音楽に耳を傾け、写真を流しながら
お風呂でリラックスできるというのは、開発者の狙い通りではないかと思う。
これは個人的には大当りで、今買おうかと大いに心揺さぶられている最中だ。

▼今後に向けて
もし二号機が出るのであれば、という前提で話すと、是非感度向上を頑張って欲しい。
「トギレナイザー」でも、「合成ダイパーシティ」でもいいので、風呂場でワンセグをLIVE受信
させて欲しい。
あと、画質。「VIERA」を名乗れるほどのものではないと思う。

DSC00084.jpg
ワンセグ機能は、「視聴予約」がついているとなお良いだろう。
現在では番組表が宝の持ち腐れに近い存在となっていることが気にかかる。

最後に一つだけ。
無線LAN対応って無理かな?と。
いや、できるものならして欲しいと思っています。
番組表だって本当はiEPGから取れれば遠くの番組までわかるし、
フォトフレームもCP1のようにネットのフォト蔵のようなところにある写真を閲覧できるようにして
もらえればより良いし、・・・夢が広がります。

▼まとめ
たしかに、この機種はまだ荒削りです。
しかし、お風呂でこのようなことができる楽しさは、理解できました。
是非、このコンセプトを発展させた後継機を出していただきたいです。



この記事を評価していただける方は、こちらで評価していただければ幸いです。


関連記事
高画質のデジタルフォトフレーム~SDP-708レビュー
Vredefort・SDP-708レビュー② 【動画変換・再生編】
Vredefort SDP-708レビュー③ 音楽再生編+α
SDP-708レビュー最終回「デジタル写真の逆襲」
NW-A916 レビュー ワンセグ編

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

お風呂テレビはフォトフレームになるか?ビエラ・ワンセグSV-ME70レビュー③

前回のレビュー:薄い・粗い・でかい ビエラ・ワンセグ SV-ME70:開梱編
          お風呂テレビに特化 【SV-ME70:レビュー】

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら




次に試してみたかったのは、デジタルフォトフレーム機能です。
これにはかなり関心があったので、早速見ていきます。
デジタルフォトフレーム「SDP-708」と比べながらレビューしたいと思います。

▼ 画質は・・・
DSC00093.jpg
DSC00402.jpg

視野角はSDP-708と横はほぼ同じ。
画質はやっぱり本職と比べると多少見劣りします。
フォーカスが「ダイナミック」にしても結構甘い映像。ぼやっとしているような。
クッキリさせるとワンセグを見たときとかに粗が目立つから?
DSC00091.jpg
画質は「スタンダード」「ダイナミック」「ソフト」から選択可能。

▼ 音楽+映像の同時再生も可能、音質は?
一応音楽+静止画のスライドショーも可能。キモを抑えてますね。
ただし、写真のブラウズはただ単に写真をスライドショーするだけ。好きな写真を選ぶことは不可能。
音質はどうかと言うと、ほぼSDP-708と同じ印象。ぱっと聴くとクリアですが、いかんせん低音に弱く、
曲によっては音割れすること請け合い。
一方「TSUNAMI」のようなイージーリスニングであれば特に気にすることは無いです。

ま、所詮BGMですしステレオなので及第点でしょう。

DSC00090.jpg

再生モードは結構揃ってます。これだけあれば特に困らないと思います。

▼ バッテリ駆動のレイアウトフリーに感激!
DSC00121.jpg
DSC00123.jpg
まあ、わかりきっていたことなんですが^^:
標準的なデジタルフォトフレームの場合、必ずAC駆動です。よって、レイアウトが限られます。
例えば、テーブルの上。コードが邪魔になるかもしれません。
風呂、キッチン。もってのほかです。水に濡れます。
他にも、旧来のフォトフレームでは一般的だった「窓」に置くという選択肢も、AC電源の確保という
課題から難しくなりました。

しかし、バッテリー駆動なら違います。ひょいと置くだけでそこに写真が広がります。

たしかに、バッテリーは有限です。しかし、キッチンで料理をするときだけ、風呂に入るときだけ、
これを持ち込んでみるのは、たしかに良いな、と思っています。

▼まとめ
この機種を、これまでワンセグテレビとしては「微妙」の評価を下してきました。
しかし、バッテリー駆動、防水対応のデジタルフォトフレームとしては、良いものであると実感しています。
ついては、是非写真はスライドショーだけでなく普通に写真をブラウズする機能もつけて、
もうちょっと練りこんで欲しいです。

この記事を評価していただける方は、こちらで評価していただければ幸いです。




関連記事
高画質のデジタルフォトフレーム~SDP-708レビュー
Vredefort・SDP-708レビュー② 【動画変換・再生編】
Vredefort SDP-708レビュー③ 音楽再生編+α
SDP-708レビュー最終回「デジタル写真の逆襲」

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

お風呂テレビに特化 【SV-ME70:レビュー】

前回のレビュー:薄い・粗い・でかい ビエラ・ワンセグ SV-ME70:開梱編

では、今回はワンセグ品質についてチェックしていきましょう。

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「
みんぽす」
から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載による
ブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽ
すやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があっ
た場合のみ修正を行います) 
レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら




1 画質
液晶自体の視野角は最近にありがちなパターンで、横はそれほど悪くないですが、
上下はすぐに色が反転します。
お風呂で段差のある視点から見ることもあるでしょうしもうちょっと考えて欲しい気もします。

ワンセグは前回述べたように画質、感度ともに悪いですが、それはあくまで「ワンセグ」だからです。
ワンセグにしては色鮮やかでノイズは抑え目、「ワンセグ」にしては好感の持てる画質です。
しかしやっぱりカクカク具合や潰れは酷く、もうちょっと進化した画質を望みたいです。

2 ソフト 
ソフトウェアで一番批判したいのはチャンネル設定数の少なさ。
DSC00077.jpg
なんと家用とおでかけ用の二パターンしかありません。
NW-A916ですら3パターンあるというのに。

他の設定に関しては文句ありませんよ。
普遍的なメニュー体系で特に操作のもたつきも認められませんでしたし。

ワンセグ用の設定については音響設定を目立つところに持ってくる辺りお風呂での使用を
意識しているんでしょうね。
DSC00074.jpg
「小声を強調する」「反響音を抑える」の設定があります。
前者は使えます。後者はこちらの環境ではそれほど効果を感じませんでした。
DSC00071.jpg
画質は、まあ普通の設定だけです。標準ではダイナミックなのでこれはスタンダードに落としたほうが見やすいかな?

あと、変わった機能でアラーム機能があります。ポータブルテレビでは珍しいですね。
DSC00075.jpg
~99分まで設定が可能。設定は前回の設定時間から始まるのでちょっと便利。
多分お風呂で眠ってしまう人のためでしょうね。
3 まとめ
やっぱりソフトウェア的には「お風呂テレビ」なんだな、というのが良くわかりました。
少ないチャンネル設定、メニュー構成、アラーム機能・・・
コンセプトを強く感じます。


・アラーム機能
・「声強調」機能
×
・液晶視野角
・チャンネル設定の少なさ


この記事を評価していただける方は、こちらで評価していただければ幸いです。



関連モノフェローズ記事
ワンセグテレビはお風呂の友になるか? SV-ME70
ポータブルワンセグテレビ Panasonic ビエラ・ワンセグ SV-ME70をレビュー【基本編】
自ブログ関連記事
NW-A916 レビュー ワンセグ編

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

最近の記事
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

なか

Author:なか
相棒、デジモノ大好き人間です。
よろしくお願いします!
できればみんぽすで記事を評価していただけると
嬉しいです。

もっと詳しく!という人はこちら(笑

ブログ内検索
フリーエリア
    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。